【ポイントで暗号資産投資】楽天ウォレットって?実際に使った感想も

暗号資産の取引所

 

・楽天ウォレットってどんな暗号資産取引所なんだろう…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

将来が不安で株式投資を始めて…次は「暗号資産投資だ!」と楽天ウォレットへたどり着いた人は多いと思います。

 

わたしもその一人で、暗号資産投資の始まりは「楽天ウォレット」でした。

 

この楽天ウォレット……暗号資産投資初心者にはもってこいの取引所です。

 

なんといっても、みなさんお持ちの「楽天ポイント」で投資ができますからね。

 

ってことで今回は、そんな「楽天ウォレット」について、概要やメリット・デメリット、実際に使った感想をシェアしていきますね。

 

この記事から分かること
  1. 楽天ウォレットの概要
  2. メリット・デメリット
  3. 使った感想

 

この記事を読めば、もう楽天ウォレットのことで迷うことはありません。

 

公式YouTubeチャンネルで、ざっくり説明されていますので、よかったらどうぞ↓

 

 

スポンサーリンク

楽天ウォレットの概要

楽天ウォレットの概要

 

・以下、楽天ウォレットの「概要」と「現物取引の手数料・費用」についてまとめました。

 

取扱通貨
・現物:上位3種類
・証拠金:5種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
取引方法・現物取引(販売所形式)
・証拠金取引(最大レバレッジ2倍)
スマホ対応
利用可能ポイント楽天ポイント(通常ポイント)
最小取引単位【現物】
・「100円」から購入可
・「0.0001BTC」から売却可
概要(※2021年6月30日現在)

 

口座開設・管理無料
売買手数料無料(※スプレッドはかかります。)
日本円入金無料(※振込元の手数料はかかります。)
日本円出金300円(税込み)
(※楽天キャッシュへの出金は無料です。詳しくはこちら
仮想通貨入庫無料(※送金元の手数料はかかります。)
仮想通貨出庫・0.001BTC
・0.01ETH
・0.001BCH
解約手数料無料
【現物取引】手数料・費用(※2021年6月30日現在)

 

楽天ウォレットは、楽天グループが運営する暗号資産取引所です。

 

スマホアプリの利用に特化していて、金融庁にも登録されている、比較的信頼できる取引所となっています。

 

お客さま資産保全への取り組み(楽天ウォレット)

 

3つのメリット

 

  1. 楽天ポイントが使える
  2. 暗号資産は買い物に利用できる
  3. 楽天銀行との連携で、24時間365日入出金ができる

 

楽天ポイントが使える

楽天ポイント投資

・貯まった楽天ポイントが、1ポイント=1円として使えます。

 

そのため、現金なしで暗号資産投資を始めることができます。

 

ちなみに交換は100ポイントからです。

 

暗号資産は買い物に利用できる

楽天ウォレットでお買い物

 

・楽天ポイントから交換した暗号資産は、日本円に交換し買い物に利用できます。

 

この機能をうまく駆使できると、楽天ポイントを増やしながらお得に買い物できちゃいます。

 

楽天ウォレットと楽天キャッシュをうまく駆使する方法
  1. 楽天ポイントで暗号資産を購入
  2. 価格の上がった暗号資産を「楽天キャッシュ」へチャージ(出金)
  3. 楽天キャッシュを「楽天ペイ」や「楽天ポイントカード」で利用

 

これ、すべて無料ですからね。

 

無料で楽天ポイントを増やすことができます。

 

楽天ウォレットと楽天キャッシュのコンボ

 

ここでのポイントは、やはり購入した通貨の価格が上がるかどうか。これは運でしかない。

 

こうやって「楽天ウォレット」と「楽天キャッシュ」をうまく駆使すると、節約ができますね。

 

【無料】暗号資産から楽天キャッシュへ!お得に買い物する3つの手順

 

一つ注意点は、この楽天キャッシュによる売却で、利益が出た場合「課税対象」となることです。

 

そう、これは、利確したとみなされるんです。

 

ですから「20万円以上」の場合、確定申告を行う必要があるので注意。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

楽天銀行との連携で、24時間365日入出金ができる

 

・楽天銀行を入出金口座として登録しておくと、アプリから24時間365日入出金ができます。

 

このように楽天サービスと連携しておくことで、さまざまなメリットをもたらしてくれます。

 

いつでも入出金できて、投資が楽しめるのは、ほんと便利ですよね。

 

2つのデメリット

 

  1. 取り扱い通貨が3種類と少ない
  2. 販売所形式のため、手数料が割高

 

取り扱い通貨が3種類と少ない

取り扱い通貨は「ビットコイン」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」の3種類

 

・取り扱い通貨は「ビットコイン」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」の3種類のみと少ないです。

 

国内で取り扱い数が最大のコインチェック では、16種類なので、少し物足りないように感じます。

 

しかし、わたし自身「ビットコイン」しか購入しないので、個人的にはデメリットには感じていません。

 

ビットコインガチホ勢には、影響なさそうです。

 

【コインチェック】ビットコインはガチホ!長期保有へ簡単3ステップ

 

販売所形式のため、手数料が割高

・販売所形式のみで、手数料が割高になっています。

 

「販売所」と「取引所」の違いを知りたい人はこちらから↓

【損する】「取引所」と「販売所」の違いって?10万円も違う!

 

簡単に説明すると…

  • 販売所:暗号資産取引所と取引を行なう形式
  • 取引所:ユーザー同士で取引を行なう形式

 

このように「販売所」では、暗号資産取引所が販売しているため、その分利益が上乗せされて売られています。

 

それが隠れた手数料と呼ばれており、同じ言い方で「スプレッド」とも言います。

 

楽天ウォレットは、これが改善されて「取引所」形式になると、もう言うことなしなんですけどね。

 

そう甘くはなさそうです。。。

 

使った感想

 

・お世辞抜きで、シンプルな見た目で使いやすいです。

 

特に初心者には、もってこいな取引所だと思います。

 

楽天ポイントを100ポイントから投資できる点、スマホ利用に特化している点。

 

ここら辺が、初心者や若者受けすると感じました。

 

「仮想通貨はコワい……」そんなことを感じさせない作りになっているのが、さすが楽天さんだと。

 

楽天ウォレットを始めたい人は、こちらからどうぞ↓

楽天ウォレットを損なく始める3ステップ【仮想通貨は楽天ポイントで】

  

最後に

 

今回は「楽天ウォレットの概要やメリット・デメリット、実際に使った感想」を紹介しました。

 

メリット・デメリットを、一緒に振り返りましょう。

 

3つのメリット
  1. 楽天ポイントが使える
  2. 暗号資産は買い物に利用できる
  3. 楽天銀行との連携で、24時間365日入出金ができる

 

2つのデメリット
  1. 取り扱い通貨が3種類と少ない
  2. 販売所形式のため、手数料が割高

 

暗号資産なんて他人事だと思っていた人も、こうして楽天などが利用を展開していると、そうも思えなくなってくると思います。

 

わたし自身も暗号資産なんて……と思っていましたが、こうして普通に利用していると、いかに無知だったのか…実感しています。。。

 

テクノロジーの進化は、目まぐるしいですからね。

 

「あとでいっか。」とほっておくと、もう追いつけなくなります。

 

わたし自身そうならないよう、日々勉強をしていきたいと思います。みなさんも一緒に勉強しましょう。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

↓よろしければ、ポチっと

 にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

 楽天証券

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました