【無料】Amazonオーディブル使ってみた!解約まで全貌を紹介!

【無料】Amazonオーディブル使ってみた!解約まで全貌を紹介!節約・お得情報

 

・読書したいけど、忙しくてできない…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

読書ってしたいけど、なかなかできませんよね。。。分かります。

 

わたしも表紙を見て買ってはみたものの、そのまま読めずに積読になっている本がいくつかあります。。。

 

ですが、それってやっぱりもったいないですよね。。。

 

そんな時におすすめなのが、今回紹介するAmazonが提供している「Audible(オーディブル)」というサービス。

 

【Audible(オーディブ)】ブランドキャンペーン動画

 

耳から読書ができちゃうんです。

 

実際に利用しましたが、昔読書の苦手だったわたしも、のめり込むくらいハマってしまいました。

 

 

とにかく楽!

 

だって、イヤホンつければ、あとはナレーターが読んでくれるので、耳さえ空いていれば、読書ができてしまうんですよ。

 

ってことで今回はAudible(オーディブル)について、その全貌を明かしていきます。

 

この記事から分かること
  1. Audible(オーディブル)とは?
  2. おすすめな人
  3. 3つのメリット
  4. 3つのデメリット
  5. 3つの登録手順
  6. 解約手順
  7. 無料体験中の注意点

 

この記事を読めば、もう「Audible(オーディブル)」で迷うことはありません。

 

【無料体験】Audible(オーディブル)の詳細はこちら

 

スポンサーリンク

Audible(オーディブル)とは?

Amazon Audible
Audible(オーディブル)

 

・本をプロの声優や俳優が朗読してくれる、Amazon提供のサービスです。

 

これにより、本の「ながら聴き」を可能とさせてくれました。

 

主な特徴は以下の7つです。

 

Audible(オーディブ)7つの特徴
  1. 30日間の無料体験がある(2,3か月キャンペーンも頻度高めで実施)
  2. 月額1,500円(≒本1冊分)
  3. 毎月無料で本が1冊買えて、さらに月替わりに指定の本ももらえる
  4. 作品数が40万冊以上と豊富(ビジネス、小説、児童書まで)
  5. アプリへダウンロードしていれば、オフライン再生ができる
  6. スマホ、PC、タブレット、Apple Watchなど対応端末が多い
  7. サンプル、レビュー、返品制度があり損することがない

 

このように様々な特徴があり、Audible(オーディブル)を利用すれば、いつでもどこでも本がながら聴きできちゃいます。

 

特に注目なのが「30日間の無料体験キャンペーン

 

まずはこれを利用することで、ある程度の中身を無料で知ることができます。

 

Audible 3つの会員特典
Audible 3つの会員特典

 

実際にわたしも「無料キャンペーン」を利用してみて、想像以上の便利さと心地よさに感動しています。

 

時間があまり奪われないのがいい。

 

小説を聴いていると、まるでその世界に入り込んだ気分になりますよ。いやほんとに。びっくりしました。

 

わたし自身が音声配信をしていることもあり、今では勉強にもなっています。「あ~こんな話し方もあるんだ」みたいな。

 

これから音声配信する人は、ぜひ一度試してみてください。

 

【無料体験】Audible(オーディブル)の詳細はこちら

 

おすすめな人

子どもと読書

 

おすすめな人は、以下の5つに当てはまる人です。

 

  1. 本(活字)が苦手な人
  2. 読みたくても忙しくて読めない人
  3. スキマ時間を効率的に使いたい人
  4. 子どもに読み聞かせがしたい人
  5. 目がよく疲れる人

 

忙しいサラリーマンや、家事で子どもの面倒をなかなか見れない主婦の人にも、おすすめとなっています。

 

また、デジタルデバイスからのブルーライトを遮断するといった意味でもいいですよ。

 

作業しながらリラックスできます。

 

これで日頃から酷使している目を一旦休めてあげて、散歩なりで過ごすことも身体のためには、おすすめです。

 

ぜひ、これらに該当する人は、無料キャンペーンを試してから継続するか検討してみてください。

 

3つのメリット

ながら聴きしている子ども

 

わたしが利用して、実際に感じたメリットは、以下の3つです。

 

  1. ながら聴きができる
  2. プロによる聴きやすい声
  3. 倍速機能で効率的に聴ける

 

ながら聴きができる

 

これがもう一番のメリットですね。ながら聴き」に勝るものはありませんよ。

 

  • 散歩中
  • 通勤中
  • 待ち合わせの待ち時間

 

ありとあらゆる時間を、プロの人による心地いい声が、穴埋めしてくれます。

 

スキマ時間が楽しくなるんですよね。実際にわたしは、散歩が楽しくて楽しくて……

 

これでついつい歩いちゃうんですよね。運動もできて、読書で勉強もできて、ほんと一石二鳥なんです。

 

Audible(オーディブル)様様です<(_ _)>

 

プロによる聴きやすい声

 

朗読のプロが読み上げてくれるので、とにかく聴きやすいんです。

 

  • 抑揚のあるナレーション
  • 感情や絶妙な間
  • 時にはハキハキと

 

ビジネス書や小説、また児童書など、それぞれに合った読み上げをしてくれるので、聴きやすく頭にスッと入ってきやすいです。

 

かと思えば、実際の有名人やアナウンサーが読んでいる本もあり、バリエーションが豊かとなっています。

 

例えばローランドさんの本「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」は、実際にローランドさんが朗読しています。

 

 

気になる人は、ぜひ無料体験でどうぞ。

 

倍速機能で効率的に聴ける

 

倍速機能も地味にありがたい。Audibleでは、再生時間を「0.5~3.5倍速」の間で調整することができます。

 

わたしのように時間を節約したい人には、おすすめです。

 

短時間でより多くの情報をインプットすることができますよ。

 

「速聴」は情報処理能力や、論理的に話す力が向上すると言われています。読書と一緒に話す力も!一石二鳥ですね。

 

読んでくれる人にもよりますが、正直3.5倍速は鬼畜です……わたしは2.0~2.5倍速で聴くようにしています。

 

3つのデメリット

 

メリットがあれば、当然デメリットもあります。そこも正直に書いていきますね。

 

  1. 紙の本より値段が高い
  2. 支払いがクレジット&デビットカードのみ
  3. iOSアプリからは購入ができない

 

紙の本より値段が高い

 

朗読するという価値が加わるので、紙の本よりかはどうしても値段が高くなってしまいます。

 

しかしAudibleでは、しっかりとそこを補ってくれるサポートをしてくれています。

 

・なんと、Audibleの有料会員であれば、定価の30%引きで購入することができます。

 

これで、紙の本とほとんど変わらない値段で、朗読という価値がついて購入することができます。

 

また毎月1冊コインで好きな本も無料でもらえるので、会員になっておくと、よりお得にAudibleを利用することができます。

 

支払いがクレジット&デビットカードのみ

 

支払いに関して、利用できるのが、現在クレジット&デビットカードのみとなっています。

 

Amazonギフトカードや銀行振替などにも対応していないため、クレジット&デビットカードを持っていない人は利用できないことになります。

 

Amazonを利用している人は、楽天を利用している人も多いと思いますので、この機会に楽天カードを作ってみることをおすすめします。

 

無料ですし、楽天ポイントもザクザク貯まって、生活がより楽になりますよ。

 

【無料(年会費)】楽天カードの詳細はこちら

 

iOSアプリからの購入ができない

 

iOSのAudibleアプリでは、残念ながら購入することができません。

 

Androidのアプリからは、購入することができるんですけどね……これは不思議です。

 

ですが安心してください。AmazonのWebサイトからは、しっかりと購入することができます。

 

購入できないわけではないので、ここは気にする必要はありません。

 

3つの登録手順

 

ここからは、Audible(オーディブル)の登録手順を紹介しますね。簡単ですので、ぜひ無料体験を試してみてください。

 

  1. Audible(オーディブル)へアクセス
  2. Amazonへログインし支払い方法などを入力
  3. 「無料体験を試す」をタップして完了

 

Audible(オーディブル)へアクセス

Audible(オーディブル)の特典

 

まずは、こちらからAudible(オーディブル)HPへアクセスします。

 

Amazonへログインし支払い方法などを入力

 

次にAmazonへログインし「支払い方法」と「請求先の住所」を入力していきます。

 

「無料体験を試す」をタップして完了

 

そして、最後に「無料体験を試す」をタップすれば、登録完了となります。

 

解約手順

 

もし…30日間の無料体験期間中に解約したくなったら、解約することも簡単にできます。

 

ですから、安心して無料体験を試してみてください。

 

  1. AudibleのPCサイトから「アカウントサービス」をタップ
  2. 「退会手続きへ」をタップ
  3. 「このまま退会手続きを行う」をタップ
  4. 退会理由を選ぶ
  5. 「退会手続きを完了する」をタップで完了

 

このような流れで、簡単に解約することができます。

 

注意点は「PCサイトからしか解約できない」ということ。アプリからでは解約できませんので、そこはご注意!

 

ちなみに解約した後も、購入した本については、ずっと聴くことができます。ここがいい!

 

なので、1か月の無料体験で購入した本も、ずっと聴くことができるんです。これはありがたいサービスですよね。

 

解約ワンポイントアドバイス:休会

Audibleでは最大で3か月間「休会」するといったサービスも提供しています。休会中は、月額費用はかかりません。

 

一時的に利用を停止したい、長期出張で利用できない…そんな人にはおすすめのサービスです。

 

「Audibleサイト→三→アカウントサービス→アカウント情報→休会手続きへ」で申請することができます。

 

無料体験中の注意点

 

【無料体験のみの利用を考えている人へ】

自動更新なので、解約は忘れずに!

 

30日間の無料体験が終わると、自動的に有料会員へ移行されます。そこだけはお忘れなく!

 

大切なことなので2回言います。自動的に有料会員へ移行されます。

 

ですから、カレンダーへ記入しておくなど、忘れないよう対策をしておきましょう。

 

最後に

 

今回は「Audible(オーディブル)の全貌」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

【Audible(オーディブル)とは?】

本をプロの声優や俳優が朗読してくれる、Amazon提供のサービス

【おすすめな人】

  1. 本(活字)が苦手な人
  2. 読みたくても忙しくて読めない人
  3. スキマ時間を効率的に使いたい人
  4. 子どもに読み聞かせがしたい人
  5. 目がよく疲れる人

【3つのメリット】

  1. ながら聴きができる
  2. プロによる聴きやすい声
  3. 倍速機能で効率的に聴ける

【3つのデメリット】

  1. 紙の本より値段が高い
  2. 支払いがクレジット&デビットカードのみ
  3. iOSアプリからは購入ができない

【3つの登録手順】

  1. Audible(オーディブル)へアクセス
  2. Amazonへログインし支払い方法などを入力
  3. 「無料体験を試す」をタップして完了

【その他】

  • 解約も休会も簡単にできる
  • 解約はPCサイトからしかできない
  • 30日間の無料体験は自動更新なので、解約する場合はお忘れなく!

 

わたしは音声を聴くようになって、ほんと生活が変わりました。そして、時間を効率的に使えるようになりました。

 

それまでだらだらと見ていた、YouTubeやスマホ時間が圧倒的に少なくなったんです。

 

目を奪われることのない「ながら聴き」が、それを実現させてくれています。もう最高ですよ。。。

 

この感動…口では伝わらないと思います。ぜひ一度「無料体験」で感じてみてください。

 

耳でインプットや読書をする時代は、もうすぐそこまできてますよ。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

【無料体験】Audible(オーディブル)の詳細はこちら

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

【無料体験】Kindle Unlimited(読み放題)の詳細はこちら

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
節約・お得情報
\ よかったら、シェアしてください /
\フォロー待ってます/
質素な投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました