【やらなきゃ損】楽天ふるさと納税が最強な3つの理由

手取り20万の生活

 

・ふるさと納税ってめちゃくちゃ聞くけど、「納税」って聞くと…なぜか怖くて一歩踏み出せない…そんなあなたへ。

 

「楽天ふるさと納税」をうまく利用すれば、楽天ポイントがついて、自己負担額を実質「0円」にすることができます。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

ふるさと納税って、言葉はめちゃくちゃ耳にするけど、周りでやっている人ってあまり見かけないですよね。

 

私は2年前から利用し始めましたが、やらない理由が見当たらないくらい、おすすめです。てか、やらなきゃ損レベル。

 

 

サイトは色々ありますが、その中でも、特に「楽天ふるさと納税」を推します。

 

これは楽天ユーザーでも、それ以外の人にもおすすめのサイトです。

 

今回は、そこまでして「楽天ふるさと納税」を推している、3つの最強な理由について紹介します。まずは、結論から↓

 

  1. 楽天ポイントがつく
  2. 楽天ポイントが消化できる
  3. 自己負担が実質「0円」

 

それでは。

 

スポンサーリンク

楽天ポイントがつく

 

・楽天ふるさと納税では、納税額に対して「楽天ポイント」がつきます。

 

納税という、国民の三大義務を果たしているのに、楽天ポイントがつくという…もう分けわからんですよね。

 

「所得税の還付」や「住民税の控除」を受けるために、利用したにもかかわらず、さらにポイントが受け取れるんです。すごいとしか言いようがないです。

 

普通のショッピング感覚で利用できます

 

  • SPU(スーパーポイントアッププログラム)
  • お買い物マラソン
  • 「0」と「5」のつく日…などなど

 

ここで上記のように楽天をフル活用して、ポイント還元率を10倍まで上げたとすると、年間4万円の納税で、4千円分のポイントがつきます。

 

ちまちましたポイ活より、効果は抜群ですね。豪華な返礼品まで届きますし。

 

楽天ポイントが消化できる

 

・楽天ふるさと納税では、楽天ポイントが利用でき、無駄なくポイント消化できます。

 

楽天ユーザーの中には、楽天ポイントの消化に頭を悩ませている人が多いと思います。

 

そんなときは「楽天ふるさと納税」を利用して、ポイント消化しましょう。ここでの利用で、また更に楽天ポイントがつきます。

 

このサイクルをうまく回すことができれば、年間でもかなりの節約になります。

 

私はこれで、食費を「約3万円」は節約できていると思います。

 

金額だけ聞くと、大したことないと思うかもしれませんが、感覚的に生活はめちゃくちゃ楽になりました。

 

自己負担額が実質「0円」

 

・楽天ポイントがつくため、自己負担額が実質「0円」になります。

 

実質2千円負担で利用できる「ふるさと納税」ですから、2千円以上のポイントがつけば、自己負担額は実質「0円」になります。

 

楽天ふるさと納税」では、それを簡単に可能にしてくれています。

 

例えば、年収400万円(独身 & 扶養なし)の場合は、納税額が約4万円ですから、SPUを5倍にしておけば、2千円分のポイントがつきます。

 

これで、自己負担額が「0円」になります。「SPU5倍」であれば、簡単に達することができるので、やらない手はないです。

 

 

【年会費が永年無料の楽天カードを作る】

 

ふるさと納税は意外と簡単

 

・楽天ふるさと納税を利用すれば、ほんとショッピング感覚で簡単です。

 

ざっくり言うと、実質2千円で、豪華な返礼品が届いて、2千円以上の楽天ポイントがつきます。

 

そして「寄付した金額 - 2千円」が、翌年の住民税から控除されます。(所得税の還付もありますが、ごくわずかとなっています。)

 

みなさんが一番気になっている「確定申告」ですが、これも意外と簡単。

 

ワンストップ特例制度」があり、返礼品ごとに自治体へ申告書を送れば済むのですが、返礼品が多くなってくると、少しめんどう…。

 

確定申告」を、実際に行う方が簡単です。さらに、税金の勉強にもなるので、この機会に挑戦してみるのもいいでしょう。

 

 

  1. かんたんシュミレーション(楽天ふるさと納税)で、寄付上限の確認
  2. 自治体(返礼品)へ寄付
  3. 自治体から届く「寄付証明書」を保管
  4. 国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で申告書の作成(確定申告時期:2月ごろ)
  5. 申告書を郵送

 

最後に

 

今回は「楽天ふるさと納税が最強な3つの理由」について紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. 楽天ポイントがつく
  2. 楽天ポイントが消化できる
  3. 自己負担が実質「0円」

 

ふるさと納税は、税金の前払いをしているだけです。正直…現状ではだれでも得をする制度になっています。

 

さらに、この機会に「確定申告」の勉強もできれば、一石二鳥。

 

ほんと…やらなきゃ損です。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

ばいばい。

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ
にほんブログ村

 

【年会費が永年無料の楽天カードを作る】

 

 

 

楽天証券

 

 

 

\Kindleで本を出版中/

Kindle Unlimitedなら、無料で読めます。

【Kindle Unlimitedを「無料体験」する】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました