【暗号資産の今後】ビットコインETF?承認されるの?3つメリット!

【暗号資産の今後】ビットコインETF?承認されるの?3つメリット!基礎知識

 

・ビットコインETFって?承認されるとどうなるの?…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

みなさん、ビットコインETFについて、しっかりと理解されていますか?

 

ここ最近、暗号資産やNFTが盛り上がりを見せており、次にくるのは「ビットコインETFだ!」という声が多くなってきました。

 

これはNFTに続き、暗号資産業界の大きな変転換点になってくると言われているんです。

 

ビットコインETFが承認されると、より多くの個人投資家が加入してきて、より価格が押し上げられるからなんですよね。

 

投資するしないに関わらず、ここを理解しておくだけで、今後の金融市場の流れへうまくコミットすることができるはずです。

 

一緒に学んでお金に強くなりましょう。

 

ってことで、今回は「ビットコインETFについて、メリットやなぜSECへ承認されないのか、さらにはこれまでの経緯や今後の可能性」を解説します。

 

この記事から分かること
  1. ビットコインETFとは?
  2. 3つのメリット
  3. なぜ承認されないのか?
  4. これまでの経緯
  5. 今後の可能性

 

この記事を読めば、もう「ビットコインETF」で迷うことはありません。

 

【無料登録】暗号資産を始めるならコインチェック

 

スポンサーリンク

ビットコインETFとは?

ビットコインETFとは?

 

・ビットコインの上場投資信託(ETF)のことを指します。

 

これだけじゃ分からないですよね。。。

 

はい。ってことで「そもそもETFって何?」ってところから解説していきますね。

 

ETFとは?

・上場投資信託のことで、私やみなさんのような一般の投資家が「プロの投資家へ運用を任す」ことを指します。

 

それぞれ言葉を分解すると、以下のようになります。

 

  • 上場:証券取引所で売買できるようになること
  • 投資信託:プロの投資家へ資産運用をしてもらう

 

つまり、ビットコインの運用をプロの投資家にお任せするといったことになります。

 

一般的な投資信託と比較すると、以下のようにまとめられます。

 

ETF(上場投資信託)投資信託(上場していない)
購入価格の変動リアルタイム1日に1回
購入方法証券取引所のみ・証券取引所
・郵便局
・銀行など
売却方法市場が開いていればいつでも種類によっては一定期間できない
ETFと投資信託の違い

 

このビットコインのETF化に、なぜここまで注目が集まっているのかというと、ETFには厳しい審査があるからなんです。

 

そのため、一般的な投資信託(上場していない)と比べて、極めて信頼性が高いということになります。

 

言ってしまえば、ビットコインを「金融商品」として認めることになるんですよね。

 

これは極めて歴史的なことだと言えます。

 

カナダなど一部の国では、一足早くビットコインETFが承認されています。ですが、金融の中心地アメリカでは”まだ”なんです。

 

現在ここに注目が集まっており今後、SEC(米証券取引委員会)が、いつビットコインETFを承認するのか。

 

非常に楽しみな時期に突入しています。

 

SEC(米証券取引委員会)とは?

・アメリカで投資家保護のため、違法行為が行なわれていないかなど、市場の監視や管理を行っている組織。

 

・アメリカの連邦政府機関で、証券取引法という法律に基づいて活動をしている。

 

・このSECが厳格な審査のもと、ビットコインETFの承認可否を行っている。

 

3つのメリット

 

それでは、ビットコインETFの3つのメリットについて見ていきましょう。

 

  1. ビットコインの信用・地位が高まる
  2. 税制が見直される
  3. ビットコインの価格が上がる

 

ビットコインの信用・地位が高まる

 

ETF化されることにより、ビットコインが正式に金融商品の仲間入りを果たしたことになります。

 

すると、現在怪しんでいる人の見方も変わり、急に資産価値としての地位を上げてくることが予想されます。

 

  • 怪しい
  • 危ない
  • 怖い

 

そんなイメージが一気に払拭されるのではないでしょうか。

 

税制が見直される

 

また、税金への制度も見直されると期待が集まっています。

 

現在、暗号資産の利益は「雑所得」となっており「最大45%」もの税金を払わないといけない仕組みとなっています。

 

しかし、ETF化されることにより、ほかの証券と同じ課税方式になり「税率約20%」まで下がると見られています。

 

こうなってくると、今まで税金問題で参入してこなかった人が、途端に参入してくるのではないでしょうか。

 

ビットコインの価格が上がる

 

ビットコインへの信用・地位が高まり、また税制が見直されることにより、結果としてビットコインの価格が上がると予想できます。

 

それは単純に、今まで投資してこなかった層が参入することにより、資金の流入が期待できるからです。

 

これにより価格は上がり、きっと今まで以上に活気づいてくると見ています。

 

なぜSECへ承認されないのか?

なぜSECへ承認されないのか?

 

ビットコインETFは、過去にSEC(米証券取引委員会)へ申請をしていますが、いまだに承認されていません。

 

では、なぜ承認されないのか。その主な理由は、以下の3つです。

 

  1. 信頼・地位が低い
  2. 市場が小さい
  3. 安全性に乏しい

 

これらの理由から、ビットコインETFは承認を認められていないと考えられています。

 

それもそのはず。ビットコインの誕生は今から約10年前と、まだまだ市場が立ち上がったばかりだからです。

 

正確にビットコインが誕生したのは2008年10月31日で、サトシ・ナカモトと呼ばれる人物のネット上の論文からでした。

 

そのため、株式やその他の金融市場と比べると、まだまだ赤ちゃんのような市場規模となっています。(株式の約56分の1)

 

 

当然、価格の変動も大きく、信頼も地位もありません。さらには安全性も乏しいと見られています。

 

これがSECへ承認を認められていない主な理由となります。

 

SECは主に、投資家保護を目的として活動しているため、当然ちゃ当然ですよね。。

 

これまでの経緯

 

ビットコインETFについて、これまでの経緯をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

日時内容
2013.7ウィンクルボス兄弟が初めてSECへビットコインETFを申請。SECは承認を延期する。
2017.3約4年後、ウィンクルボス兄弟の申請が、SECにより正式に否決される。
2017.4ウィンクルボス兄弟の申請に対して、SECが再審査を行うと発表する。
2018.6米最大の取引所「シカゴオプション取引所」がSECへ申請するも否決される。
2018.7ウィンクルボス兄弟の再審査の結果も変わらず、結局否決の終わる。
2018.8この月、同時に申請されていた8つのビットコインETFを否決する。
2020.9世界で初めてのビットコインETFが「バミューダ証券取引所」で承認される!
2021.2続いて、カナダで世界で初めてビットコインETFが上場する!(トロント証券取引所)
ビットコインETFのこれまでの経緯

 

このように、ここ約2年ほどでビットコインETFの承認は進んできました。

 

しかし、肝心のSEC(米証券取引委員会)からの承認はまだ得られていません。

 

つまり、金融の中心地であるアメリカからは、まだビットコインETFは認められいないということになります。

 

ですが、これまでの経緯を見ていただくと、徐々に希望の光が差し込んでいるように見えると思います。

 

今後の進展に期待しましょう。

 

今後の可能性

今後のビットコインETFの可能性

 

・可能性は十分にありますし、待つしかないと考えています。

 

ここからは、完全にわたしの願望と考えになってきますが、やはり期待するしかありません。

 

先日、ビットコインの先物ETFが承認されて、さらには最近のNFTの盛り上がり等々……

 

これらを見ていると、徐々にビットコインや暗号資産が認識されつつあるのかと見ています。

 

エルサルバドルのような国の法定通貨にもなって、ここからビットコインの信用が大きく落ちるとは考えにくいです。

 

と、なってくると次は……と考えたくなりますよね。。。

 

ここは今後も要注目といったところです。

 

最後に

 

今回は 「ビットコインETFについて、メリットやなぜSECへ承認されないのか、さらにはこれまでの経緯や今後の可能性」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

【ビットコインETFとは?】

ビットコインの上場投資信託(ETF)のこと

【3つのメリット】

  1. ビットコインの信用・地位が高まる
  2. 税制が見直される
  3. ビットコインの価格が上がる

【なぜSECへ承認されないのか?】

  1. 信頼・地位が低い
  2. 市場が小さい
  3. 安全性に乏しい

 

「ビットコインETFの承認」で、市場がどのように動くかは、正直誰にも読めません。

 

しかし、歴史的な一歩であることは間違いありません。

 

気長に楽しく待つのみですかね。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

【無料登録】暗号資産を始めるならコインチェック

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

【無料体験】Kindle Unlimited(読み放題)の詳細はこちら

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
基礎知識
\ よかったら、シェアしてください /
\フォロー待ってます/
質素な投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました