【まとめ】暗号資産の税金!損益計算ツール3選【確定申告】

基礎知識・稼ぎ方

 

・暗号資産の税金計算だれかしてくれないかな…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

暗号資産の税金計算ってやらないといけないけど、少し……いや、かなりめんどくさいですよね。。。

 

自分でやろうにも時間がかなりかかりそうだし、、、時間は有限ですからね。

 

そんなときは、さくっと暗号資産に特化した損益計算ツールを使うと、楽になるかもしれません。

 

以下は、損益計算ツールを使ったときの流れになります↓

 

損益計算の流れ
  1. 取引履歴を取引所からダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルをアップロード
  3. 自動で損益が計算される

 

わたしたちが行なうのは取引所から取引履歴をダウンロード → アップロード』するだけ。

 

これで自由な時間が増え、悩んでいたストレスも減って、一石二鳥です。

 

これから紹介するのは、どれも無料で試すことができます

 

まずは登録してみて、どれが自分にとって使いやすいのかを確認してみてください。

 

ってことで今回は「暗号資産税金の損益計算ツール3選」を紹介します。

 

暗号資産税金の損益計算ツール3選
  1. CryptoLinC(クリプトリンク)
  2. Cryptact(クリプタクト)
  3. Gtax(ジータックス)

 

この記事を読めば、もう「暗号資産の税金計算」で迷うことはありません。

 

スポンサーリンク

CryptoLinC(クリプトリンク)

CryptoLinC(クリプトリンク)

 

・対応取引所数が現在「73種類」とNo.1の種類を誇る損益計算ツールです。

 

コインチェックbitbankなど、国内大手の取引所は、すべて網羅されています。

 

またCryptoLinC(クリプトリンク)では、通常の売買に加えて、ICO投資やマイニングでの収益にも対応しています。

 

料金は以下のとおり↓

 

プラン料金年間取引件数海外取引所
フリー0円~200件×
プラン55,478円~500件
プラン1010,978円~5,000件
プラン2021,780円~30,000件
プラン3032,780円~100,000件
料金プラン(CryptoLinC)

 

無料でも年間200件の取引までなら、利用することができます。

 

支払い方法
  • クレジットカード:Visa, MasterCard, AMEX

 

CryptoLinC(クリプトリンク)では、このほかにも以下の人に対して「計算代行」サービスを提供しています。

 

「計算代行」サービスの利用に向いている人
  • 暗号資産の計算に不安がある
  • ICO投資、DeFi等の特殊な取引の計算が分からない
  • 顧問弁護士はいるが計算は自身で行わないといけない
  • 法人用の収支計算や会計データの作成を希望している
  • 面倒なことをすべて丸投げしたい

 

料金プランは、以下のとおりです↓

  • 個人プラン:77,000円
  • 法人プラン:132,000円

 

計算代行(クリプトリンク)
支払い方法
  • クレジットカード:Visa, MasterCard, AMEX

 

\【無料登録】税金で悩みたくない人はこちら/

 

Cryptact(クリプタクト)

Cryptact(クリプタクト)

 

・国内ユーザー数No.1の「7万人」が利用している損益計算ツールです。

 

Cryptact(クリプタクト)では、ほかにも対応コイン数・対応取引種類数においてもNo.1で、総合力で現在一番人気となっています。

 

料金は以下のとおり↓

 

プラン料金年間取引件数海外取引所
無料0円~100件×
お試し8,800円~500件×
ライト19,800円~5,000件
スタンダード33,000円~50,000件
アドバンス55,000円~1,000,000件
プレミアム66,000円~165,000円1,000,000件~
アセットマネジメントの料金プラン(Cryptact)

 

無料でも年間100件の取引までなら、利用することができます。

 

支払い方法
  • クレジットカード:Visa, MasterCard, AMEX
  • 暗号資産決済:ビットコイン, ビットコインキャッシュ, イーサリアム, リップル
  • 暗号資産決済(ステーブルコイン):GUSD, USDC, PAX, BUSD

 

\【無料登録】税金で悩みたくない人はこちら/

 

Gtax(ジータックス)

ジータックス

 

・ハードフォーク、レンディング、ボロウィングなど様々な取引に対応している損益計算ツールです。

 

Gtax(ジータックス)では、このほかにも困ったときのために、電話・チャット・メールなど充実したサポート体制を整えています。

 

料金は以下のとおり↓

 

プラン料金年間取引件数海外取引所
フリー0円~100件×
ミニマム8,250円~300件×
ライト16,500円~1,000件
ベーシック33,000円~30,000件
プレミアム55,000円~200,000件
料金プラン(Gtax)

 

無料でも年間100件の取引までなら、利用することができます。

 

最後に

 

今回は「暗号資産税金の損益計算ツール3選」について紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. CryptoLinC(クリプトリンク)
  2. Cryptact(クリプタクト)
  3. Gtax(ジータックス)

 

今回調べるにあたってHPを見ているとCryptoLinC』と『Cryptact』には「よくあるご質問」欄があり、個人的には好印象でした。

 

HPの見やすさや、ちょっとした気遣いって、サービスを使う上では重要になってきますよね。

 

もちろん安さや機能的な面の充実も欠かせないですが、そういったところにも気を配れているかどうかも重要だとわたしは考えています。

 

みなさんもぜひ、HPを見てご検討ください。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

 【クリプトリンク】のHPはこちらから

 

 

 

 完全無料の仮想通貨税金計算サービス【CRYPTACT(クリプタクト)】

 

 

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました