【ビットコインって?】初心者が感じる5つの疑問を分かりやすく解説!

暗号資産の基礎

 

・ビットコイン?仮想通貨?暗号資産?ん~難しそう…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

ビットコイン、仮想通貨、暗号資産どれも難しそうで、しかも怪しそうですよね。

 

分かります。わたしも始めて聞いたときは、そんな風に思ってましたから。

 

それでも今となっては、その技術や思考、これからの将来性へワクワクしています。

 

ビットコインのおかげで、勉強することが、こんなにも楽しいことなんだと知ることができました。

 

そうは言っても、怪しいモノは怪しいと思いますので…

 

今回は、そんなビットコインについて、初心者が感じる5つの疑問を分かりやすく解説していきますね。

 

この記事から分かること
  1. ビットコインとは?
  2. 電子マネーとは何が違うの?
  3. 何がすごいの?
  4. 実際に使えるの?
  5. どうやって買うの?

 

この記事を読めば、もう友人にビットコインのことを聞かれても困ることはありません。

 

【無料登録】はじめてならコインチェック !詳細はこちらから

 

スポンサーリンク

ビットコインとは?

 

・世界初の「デジタルなお金」のことです。

 

つまり、円やドルといった通貨と同じ立ち位置となります。

 

それが目には見えない「デジタルなお金」になっただけなんです。

 

これを聞くと「あ、そこまで怪しくなさそう」と思っていただけたかと思います。

 

ここで冒頭で出てきた、仮想通貨と暗号資産との違いについて解説します。

 

  • 仮想通貨:デジタルなお金の総称(広く知られている名称)
  • 暗号資産:日本の法律上での呼び方(正式名称)
  • ビットコイン:暗号資産(仮想通貨)の中の一つ

 

ということで「✖:暗号資産(仮想通貨)=ビットコイン」ではないんです。

 

ちなみに、現在世界中に暗号資産(仮想通貨)は「2,000種類以上」あると言われています。

 

ビットコインは暗号資産のトップに君臨しており、それ以外のコインをアルトコインと呼んでいます。

 

ビットコインイメージ図

 

これでビットコイン、仮想通貨、暗号資産のざっくりとしたイメージはつかめていただけたと思います。

 

ではここからは、仮想通貨ではなく、法律上の呼び名である「暗号資産」で呼んでいきますね。

 

今までに不正や改ざんなど起こったことがない

 

この暗号化された(暗号資産)ことによって、ビットコインは今までに不正や改ざんなど起こったことがありません。

 

これまで、あらゆるモノがデジタル化されてきましたが、お金だけはなかなかデジタル化されてきませんでした。

 

それはどうしてかというと、簡単にコピーできてしまうからなんです。

 

海賊版のDVDや動画の違法アップロードなんかを、想像していただけると分かりやすいかと思います。

 

・そこで登場したのが「ブロックチェーン」という技術です。

 

みなさん一度は耳にしたことあると思います。

 

ブロックチェーンでは、P2P(ピアツーピア)と呼ばれる、個人同士が直接やり取りできるようになっています。

 

個人(ブロック)が、一つひとつ鎖(チェーン)でつながれているんです。

 

どういうことかと言うと、例えば今まではお金のやり取りをするとき、必ず国や銀行など中央で管理者を通してやり取りをしていました。

 

それがブロックチェーンを利用することで、中央の管理者なしで簡単にお金のやり取りができちゃうということなんです。

 

中央の管理者がいなくなることで、一人一人が中央の管理者(=銀行)となるイメージです。

 

ビットコインは非中央集権
  • 中央集権:中央に銀行などの管理者が存在する
  • 非中央集権:中央に管理者が存在せず、一人一人が管理者となる

 

これを世界中の人たちと繋がれるようにしたのが、ビットコインということになります。

 

もしブロックチェーンで不正を行おうとすると、管理者一人一人のブロックデータを書き換えする必要があります。

 

世界中何億人のすべてのデータを書き換えしなくてはならないので、現実的に不可能なんです。

 

中央集権だと、銀行で何か不正や改ざんがあれば、それで終わりですからね。。。恐ろしい…

 

・つまり、ビットコインとは、ブロックチェーンという技術によって、安全に運用されているお金ということになります。

 

発行枚数に上限がある

 

みなさん、ビットコインはデジタルゴールドだと、一度は耳にしたことあると思います。

 

これは、ビットコインはあらかじめ発行枚数が「2,100万枚」と決められているからなんです。

 

ゴールド=金にも埋蔵量に上限があるように、ビットコインにも上限があることから、この呼び名が浸透しています。

 

・発行枚数に上限があることによって、希少性を生み、価値が下がること防いでいます。

 

もし仮に、円のように上限がない場合、政府が発行すればするほど、希少性がなくなり価値が下がることになります。

 

このように、発行枚数に上限があることによって、価値が下がりにくく、それに投資する人が増えているのが現状になります。

 

電子マネーと何が違うの?

 

ここで感の鋭い人は、「じゃあ電子マネーと何が違うの?」と疑問を持つと思います。

 

  • ビットコイン:通貨のこと
  • 電子マネー:通貨の代替品のこと

 

ビットコインと電子マネーの違いは、上記のように「通貨か通貨の代替品なのか」というところがポイントになります。

 

nanacoやSuicaなどの電子マネーは、あくまで円の代替品となっています。1ポイント=○○円とか。

 

一方、ビットコインは通貨の一で、何かの代替となっているわけではありません。

 

これを知っていると、だいぶビットコインへの見え方が変わってくるかと思います。

 

何がすごいの?

 

「じゃあビットコインって、結局何がすごいの?」と思われている人が多いと思いますので、そこについて解説します。

 

・ビットコインのすごさは管理者が存在しないことです。

 

先ほども説明しましたが、この管理者をなくした仕組みを実現しているのが「ブロックチェーン」と呼ばれる技術になります。

 

ブロックチェーンのイメージ図

 

このように「ブロックチェーン」では、取引データがブロックとしてチェーンで密につながれています。

 

しかも、このすべてのブロックが世界中とつながっているため、改ざんすることが、ほぼ不可能と言われているんです。

 

時間と手間が膨大にかかるからですね。。。

 

現状、ほとんどの国で円やドルのように、国や政府が発行する法定通貨の信用のもと、成り立っています。

 

しかし、その国や政府が発行する通貨に信用がなくなったときに、どうなっていくか?ということです。

 

実際、今年(2021年)に入り、エルサルバドルという国では、世界で初めてビットコインが法定通貨として正式に採用されました。

 

エルサルバドルでビットコインが法定通貨に!中南米諸国が関心を寄せる理由

 

これは、まさしく法定通貨に信用がなくなったからなんです。こういったことが、もう現実世界で起きています。

 

管理者の存在しない、ブロックチェーンという技術が、金融難民を救い世界……いや歴史をを変えようとしています。

 

実際に使えるの?

 

・ビットコインは、実際に実店舗やネットで決済手段として使うことができます。

 

有名どころで言えば『ビックカメラ』。検索エンジンで「ビットコイン 決済」と検索すると、トップに出てきます。

 

また、このブログの世界で有名な「ワードプレス」や、暗号資産取引所も運営している「DMM.com」などでも使うことができます。

 

そのほか、東京では飲食店やキャバクラなどで、実際にビットコインで支払いができる店舗が増えているそうです。

 

個人的には、今後もますます対応する店舗が増えてくると思っていますので、引き続き「ビットコイン決済」には注目しておきます。

 

【7選まとめ!】国内の暗号資産おすすめ取引所【金融庁のお墨つき】

 

どうやって買うの?

 

・国内の取引所で買うことをおすすめします。

 

海外の取引所の方が、銘柄数やキャンペーンの豊富さなど、色々な面で魅力的にうつってしまうかもしれません。

 

ですが、英語の壁やトラブルがあったときの対処などを考えると、まずは国内の取引所で慣れることをおすすめします。

 

手順は以下のとおりです。

 

ビットコインを購入する手順
  1. 口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. 取引所でビットコインを購入する

 

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

 

口座を開設する

 

口座を開設するにあたり、どこの取引所にしようか迷うかと思いますが…

 

国内で運営している取引所は、事前に金融庁からの認可をもらっているので、海外と比べると安心して利用できるはずです。

 

その中でも、特に人気な取引所について、下記の記事にまとめてありますので、気になる方は参考にしてください。

 

【7選まとめ!】国内の暗号資産おすすめ取引所【金融庁のお墨つき】

 

日本円を入金する

 

口座を開設したら、次に日本円を入金していきます。

 

ここでの注意点は「手数料」です。

 

基本的に、以下の3つの振込方法があり、取引所によって手数料が異なってきます。

 

主な3つの入金方法
  1. ネットバンキングからの入金
  2. 銀行からの入金
  3. コンビニからの入金

 

なるべく無駄な手数料を払わないように、利用する取引所については、しっかりと調べておくようにしましょう。

 

【無料で入金】GMOコインなら即時入金!手数料を払いたくない人へ

 

【無料】SBIネット銀行からbitFlyerへ入金する5ステップ【図解】

 

【手数料無料はどこ?】コインチェック入金は銀行振込!注意点も解説

 

取引所でビットコインを購入する

 

購入する際に気をつけてほしいのが、必ず「取引所」で購入するということです。

 

「取引所」とは別に「販売所」と呼ばれているところがありますが、販売所では買わないようにしましょう。

 

なぜなら、販売所はスプレッドと呼ばれる、いわゆる手数料が多くかかってしまうからなんです。

 

こちらにつきましては、下記の記事に詳しく書いていますので、気になる人は参考にしてみてください。

 

【損したくない人へ】「取引所と販売所」の違いって?10万円も違う!

 

最後に

 

今回は「ビットコインについて、初心者が感じる5つの疑問」を解説しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

ビットコインとは
  • 世界初の「デジタルなお金」こと
  • 今までに不正や改ざんがない
  • 発行枚数が「2,100万枚」と決められている
  • ビットコインは通貨、電子マネーは通貨の代替である
  • 管理者が存在しないことがすごい
  • 「ブロックチェーン」という技術は歴史を変える
  • 実際に実店舗やネットの決済手段として使える
  • 国内の取引所で購入するのがおすすめ
  • 入金の際には手数料に注意
  • 販売所ではなく「取引所」で購入しよう

 

ビットコインは、これからますます、わたしたちの生活に普及してくるはずです。それが何年後かは、誰にも分かりません。

 

2009年に誕生して、十数年とまだまだ日の浅い業界ですが、その分、将来への期待値も大きいです。

 

ここ最近では、GAFAなどアメリカの大手企業も、次々と参入してますからね。それだけ注目されているということです。

 

ビットコイン・暗号資産・ブロックチェーン…これらの最新テクノロジーが数年後、どうなっているか、ほんとワクワクしますね。

 

最後の最後に…

ビットコインの特徴や将来性について、さらに詳しく知りたいという人は、下記の記事をご覧ください。

BTC(ビットコイン)とは?仮想通貨BTCの将来性・価値上昇ポイントを初心者にカンタン解説

 

マオーさんが運営している「マオーのブログ」からの記事です。

 

これを読めば、ビットコインについて聞かれても困らないくらいの知識が身につきますよ。ぜひこの機会に!

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

【無料登録】はじめてならコインチェック !詳細はこちらから

 

 コインチェック

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暗号資産の基礎
\ よかったら、シェアしてください /
\フォロー待ってます/
質素な投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました