【レンディング】SBI VCトレードの貸暗号資産サービス5つの特徴

暗号資産レンディング

 

・SBI VCトレードの貸暗号資産サービス(レンディング)ってどうなんだろう…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

SBI VCトレードの「貸暗号資産サービス」って、まとめてある記事、ほんと少ないですよね。。。

 

わたしは今回、この記事を書くにあたってそれを実感しました。

 

利用したいけど情報が少なく、躊躇してる人も多いかと思います。

 

ってことで今回はそんな情報の少ない、SBI VCトレードの貸暗号資産サービスについて、5つの特徴をまとめました。

 

利用を検討していた人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

暗号資産サービス5つの特徴
  1. 貸出通貨が2種類と少ない
  2. 年率がそこまで高くない
  3. 途中解約はできない
  4. 返還が比較的早い
  5. 最小貸出数量が0.1BTCと高め

 

この記事を読めば、もう「SBI VCトレードの貸暗号資産サービス」で迷うことはありません。

 

\無料の口座開設はこちらから/

 

スポンサーリンク

貸暗号資産サービスの概要

SBI VCトレードの貸暗号資産サービス

 

貸暗号資産サービスの概要は、以下のとおりです。

 

取扱時間午前7時~翌午後6時
通貨・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
年率(税込)・ビットコイン:1.0%
・リップル:0.1%
貸出期間84日
最低貸出・ビットコイン:0.1BTC
・リップル:1,000XRP
最大貸出・ビットコイン:5BTC
・リップル:100,000XRP
途中解約できない
約款等・貸暗号資産取引サービス約款はこちらから
・貸暗号資産取引等に関する説明はこちらから
貸暗号資産サービス(2021年7月時点)

 

SBI VCトレードの貸暗号資産サービスの特徴は、ビットコイン」と「リップル」のみとシンプルなサービスとなっているところです。

 

また、貸出期間が「84日」と初心者でも比較的貸出しやすい期間となっているのも特徴の一つです。

 

どんな人におすすめ?

SBI VCトレードの貸暗号資産サービスがオススメな人

 

・ビットコインを試しに貸し出してみたい人にはおすすめです。

 

ビットコインに関して言えば、年率「1.0%」ですので、貸し出す価値はあると思います。

 

ゆうちょ銀行の現在の利率知っていますか?

 

通常貯金金利は現在「0.001%」ですからね。いかに「1.0%」が大きいかが分かるかと思います。

 

ゆうちょ銀行の通常貯金金利
ゆうちょ銀行の通常貯金金利(2021年7月現在)

 

貸出期間も「84日」と3か月弱ですから、これなら手短にさくっと貸し出せそうな期間ですよね。

 

貸暗号資産サービス5つの特徴

 

下記が、SBI VCトレードにおける「貸暗号資産サービス」5つの特徴です。

 

  1. 貸出通貨が2種類と少ない
  2. 年率がそこまで高くない
  3. 途中解約はできない
  4. 返還が比較的早い
  5. 最小貸出数量が0.1BTCと高め

 

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

 

貸出通貨が2種類と少ない

 

・貸出可能通貨が、ビットコイン・リップルのみと少ないです。

 

シンプルで分かりやすいですが、ビットコイン以外のアルトコインをもっと貸し出してみたい人にとっては、物足りないかもしれません。

 

ちなみに以下が、貸出通貨数について、国内の貸出サービスを提供している取引所の比較表となります。

 

1コインチェック16種類
(BTC / ETH / ETC / LSK / FCT / XRP / XEM / LTC / BCH / MONA / XLM / QTUM/ BAT / IOST / ENJ / OMG)
2GMOコイン
14種類
(BTC / ETH / BCH / LTC / XRP / XEM / XLM / BAT / OMG / XTZ / QTUM / ENJ/ DOT / ATOM)
3bitbank10種類
(BTC / LTC / XRP / ETH / MONA / BCC / XLM / QTUM / BAT / OGM)
4BITPOINT6種類
(BTC / XRP / ETH / BCH / LTC / BAT)
4LINE BITMAX6種類
(BTC / XRP / ETH / BCH / LTC / LINK)
5HashHubレンディング4種類
(BTC / ETH / BCH / LTC)
5Cygnos4種類
(BTC / ETH / DAI / USDC)
通貨の豊富さ(2021年7月時点)

 

こう見ると、SBI VCトレードが少し物足りないかが分かるかと思います。

 

【あなたにはコレ!】目的別の国内暗号資産レンディングまとめ

 

年率がそこまで高くない

 

・年率が、ビットコイン「1.0%」、リップル「0.1%」とそこまで高くはありません。

 

ここでは以下に、ビットコインに関して、国内取引所との比較表を示します。

 

1コインチェック5%
1HashHubレンディング5%
2GMOコイン3%
3LINE BITMAX2.9%
4Cygnos1.5%
5bitbank1.0%
5BITPOINT1.0%
年率の高さ(2021年7月時点)

 

このように、比較してみると、そこまで高くないことが分かるかと思います。

 

それでも低金利時代において、ゆうちょ銀行のような大手銀行に資産を預けているよりかは、はるかにリターンを享受することができます。

 

ビットコインなら貸し出す価値ありです。

 

途中解約はできない

 

・途中解約は原則できません。

 

貸出期間を設けているところは、原則すべて途中解約できません。

 

以下のように、一部条件つきで解約できるところもありますが、基本的にはできないと考えていた方がいいでしょう。

 

条件
bitbank受取り予定の10%支払いで解約できる
GMOコイン手数料の5%支払いで解約できる
途中解約できる取引所2社の条件

 

返還が比較的早い

 

・返還が期間満了日を含めて2営業日以内と、比較的早い。

 

期間が終わると「早く返還されないかな?」と、そこが気になる人が多いと思いますから、これはいいですよね。

 

返還されないで日が経つと「本当に返還されるのかな…?」と心配になりますからね。早いに越したことはありません。

 

最小貸出数量が0.1BTCと高め

 

・最低貸出数量が0.1BTCと、資金の少ない人にとっては少し高めの金額と言えます。

 

こちらも、以下に国内取引所の最低貸出数量について、比較表を示します。今回は「1BTC=400万円」として日本円換算しました。

 

日本円換算
(1BTC=400万円)
1コインチェック1万1万
2LINE BITMAX0.01BTC4万
3bitbank0.05BTC20万
4GMOコイン0.1BTC40万
4Cygnos0.1BTC40万
4HashHubレンディング0.1BTC40万
BITPOINT記載なし
最低の貸出数量(2021年7月時点)

 

ご覧のように、現在の価格に近い「1BTC=400万円」ですと、40万円ほど初期投資として必要になってきます。

 

コインチェック だと、1万円から貸出ができるので、比較的手軽に貸出ができますね。

 

【年率5%でガチホ】コインチェック「貸仮想通貨」5つの特徴と始め方

 

この最低貸出数量は、自分が貸出できるかの基準となってきますので、意外と見ておくべきポイントとなってきます。

 

年率だけ見て…「あっ、、、貸し出せないじゃん…」では遅いですからね。

 

貸し出す前にしっかりと確認しておきましょう。

 

\無料の口座開設はこちらから/

 

最後に

 

今回は「SBI VCトレードの貸暗号資産サービス5つの特徴」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. 貸出通貨が2種類と少ない
  2. 年率がそこまで高くない
  3. 途中解約はできない
  4. 返還が比較的早い
  5. 最小貸出数量が0.1BTCと高め

 

SBI VCトレードで貸出サービスを利用するなら、ビットコインならありです。

 

年率も「1.0%」ありますし、期間も「84日」と短く、貸し出しやすくなっています。

 

貸出サービス(レンディング)は、暗号資産を着実に増やしていきたい人にとっては、最適の方法です。

 

いわゆる「ガチホさん」向け長期保有を考えている人です。

 

国内にはまだまだ、ほかにもサービスを提供しているところがありますので、じっくりと検討してみてください。

 

【おすすめはどこ?】国内の暗号資産レンディングサービス7選まとめ

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

\無料の口座開設はこちらから/

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました