【Web3の世界】ID・パスはもう必要ない?3つの特徴まとめた!

【Web3の世界】ID・パスはもう必要ない?3つの特徴まとめた!学び・トレンド

・Web3(ウェブスリー)ってなんだ?…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

クリプト界隈では、最近「Web3」という言葉がやたらと出てくるようになりましたよね。

 

正直、「なに??」って人がほとんどだと思います。

 

はい。わたしもその一人です。ってことで、色々と漁って、自分なりに調べてみました。

 

頭の偉い人たちが、こぞって取り上げるくらいですから、おそらく今後トレンドになってくるはずです。

 

てかもうなってる?(笑)ま、それはさておき。

 

ってことで今回は「Web3」について、そもそもWeb1やWeb2のこと、そこからWeb3の特徴を書いていこうと思います。

 

この記事から分かること
  1. Web1・2って?
  2. なぜ「Web3」が出てきたのか?
  3. 「Web3」の特徴を3つ解説

 

この記事を読めば、もう「Web3(ウェブスリー)がざっくりとでもイメージしていただけるはずです。

 

スポンサーリンク

Web1・2って?

 

Web3を語っていく前に、まずはそもそも「Web1・2」の時代を振り返ってみましょう。

 

ちなみに、明確にここからここがWeb1とかWeb3とかっていう線引きはないようです。

 

現在は「Web2」と「Web3」の転換期と言われています。つまり、時代の変わり目にいるってことです。

 

なんだかワクワクしませんか?

 

 

  • Web1:インターネットが台頭してきた1990年代。情報を発信できるようになった。
  • Web2:SNSが台頭してきた2000年代。情報を交流できるようになった。

 

ざっくりとこんなイメージです。

 

「Web1」から「Web2 」にかけて、インターネットにより、情報を『発信から交流』へと変化してきてたんですね。

 

インターネットを何気なく利用していましたが、振り返ってみると、確かにって思いますね。

 

Twitterで分かりやすいツイートがありましたので、ありがたく掲載させていただきます。

 

 

このように現在は「Web2 」の時代であり、GAFAと呼ばれる

 

  • Google
  • Amazon
  • Facebook(現在は”Meta”)
  • Apple

 

を中心として、世界中のインターネットはつながっています。

 

おかげで、わたしたちは世界中のどこにいても、簡単に交流できるようになりました。

 

ほんといい時代ですよね。

 

こうやって、個人でブログも簡単に作ることができますし、テクノロジーってすげーと改めて感じました。

 

と、これが「Web1・2」の概要となります。

 

なぜ「Web3」が出てきたのか?

 

では、次になぜ今「Web3」という概念が出てきたのか?というところを書いていきたいと思います。

 

わたしを含め、多くの人が「もうこれ以上、何が発展するの?」と思われるはずです。

 

ですが、現在の「Web2」には、わたしたちがあまり気づいていない課題があるんです。

 

それが以下の2つ。

 

Web2の課題
  • 中央集権
  • プライバシー問題

 

先ほども解説しました通り、現在Web2の世界では「GAFA」を中心に、インターネットを支配しています。

 

支配といういい方は良くないかもしれませんが、そのほうがより伝わるかなと思い使いました。

 

言ってみれば、利用している会社に何かトラブルがあれば、その影響をもろに受けるってことなんですよ。

 

例えばApple社がハッキングされると、あなたの個人情報は簡単に流出し、悪用されてしまうかもしれなんです。

 

そんなことは、誰しもが嫌ですよね。。。当然、わたしも嫌ですよ。

 

でもこれって、ニュースで散々聞いてきましたよね?(最近もこんなことが↓)

 

LINE、指針改定でも情報漏洩 揺らぐ信頼(ITmedia NEWS)【2021.12.8】

 

ということは、明日、、、いや今日起こってもおかしくないことなんです。

 

中央集権っていうのは、そういった一つの会社がトップで牛耳っていることをいいます。

 

これは、いい面でもあり悪い面でもあるってことです。

 

「Web3」はこれらの課題を解決するために出てきた、新しい概念なんです。

 

「Web3」の特徴を3つ紹介

 

ってことで、じゃあ「Web3」って、わたしたちの生活にどんな影響を与えるの?と思われている人が多いと思いますので

 

特徴を3つに絞って、今回は書いていきますね。

 

Web3の特徴
  1. ID・パスが不要
  2. 仮想通貨ウォレットが必須
  3. お金の移動が簡単に

 

一つずつ見ていきましょう。

 

ID・パスが不要

 

まずは「ID・パスが不要」になるってことです。

 

これ。さらっと書いていますが、今までの常識を大きく覆す概念だと思うんですよ。

 

今までなら、GoogleならGoogleアカウントやTwitterならアカウント一つ一つにID・パスを作らないといけない……

 

みたいに、正直管理するのが「めんどうだった…」と、そう感じてる人は山ほどいると思います。

 

それが、一切いらなくなるんですよ。

 

これがWeb3で、重要なキーワードとなっている「分散型」という概念です。

 

先ほどまでで説明しました通り、これまではGAFAを中心として「中央集権」的に世の中は回っていました。

 

それが、中央に誰も存在しなくなり「分散」された形で、今後はインターネットが回っていくようになります。

 

これこそが「ID・パスが不要」になる世界です。

 

仮想通貨ウォレットが必須

 

と、中央で管理する者がいなくなってくると、インターネット上へお財布が必要となってきます。

 

そこで登場するのが「仮想通貨ウォレット」です。

 

なぜ仮想通貨かというと……両替せずとも、簡単に素早く世界とやり取りできるからなんです。

 

海外送金って手数料高いし、手間も時間もかかる……

 

あといちいち両替するのって、めんどくさいですもんね。。。

 

それなら、さくっと仮想通貨ウォレットですよ。一瞬で送金や、やり取りができます。

 

お金の移動が簡単に

 

最後は「お金の移動が簡単に」ということです。

 

先ほどの仮想通貨ウォレットで説明しました通り、お金の移動が半端なく簡単になるんです。

 

世界中どこの人とも、仮想通貨ウォレットさえあれば、簡単に移動させることができます。

 

銀行なんていりません。

 

日本では「ウソでしょ?」と思われるかもしれませんが、世界では銀行を持てない人が多くいます。

 

貧しい国の人たちですね。

 

そんな人たちも、仮想通貨ウォレットなら持つことができて

 

それで今までできなかった、お金のやり取りができるんです。

 

現在盛り上がっている「Axie Infinity」と呼ばれる、仮想通貨ゲームがその一つのいい例かもしれませんね。

 

Axie Infinityでは「スカラーシップ」と呼ばれる制度を導入していて

 

お金のある人が、お金のない人へお金を出し、ゲームをしてもらうことで報酬をあげる仕組みを導入しています。

 

Axie Infinityでは、ゲームを始める前の初期費用が少しかかるんです。(最低8万円ほど)

 

そこを、日本人などお金を持っている人が出し、あとのプレイは任すみたいな感じになっています。

 

ってことで「Web3」は、もう私たちの生活に浸透してきています。

 

Facebookも社名を「Meta(メタ)」にしましたし、わたしも乗り遅れないようにしていきます。

 

あなたも興味がありましたらぜひ。

 

最後に

 

今回は「Web3というインターネットの大きな概念」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

【Web1・2って?】

  • Web1:インターネットが台頭してきた1990年代。情報を発信できるように
  • Web2:SNSが台頭してきた2000年代。情報を交流できるように

【なぜ「Web3」が出てきたのか?】

「中央集権」「プライバシー」の問題を解決するため

【「Web3」の特徴を3つ紹介】

  1. ID・パスが不要
  2. 仮想通貨ウォレットが必須
  3. お金の移動が簡単に

 

今回の内容は少し難しかったかもしれませんが、今後進化してくるテクノロジーだと思います。

 

こういった変化の先駆者になることはできませんが、追いかけることはできます。

 

わたしも日々発信しながら楽しんで追いかけますので、よかったら、またブログにでも遊びにきて一緒に学んでいきましょう。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

※今回の内容は、下記のイケハヤさんの本へ分かりやすくまとめられています。

 

こちらの本、通常ですとお金がかかってしまいますが、Kindle Unlimitedなら、1か月無料で読むことができます。

 

この機会にさくっと。「Web3」は、今知っておくべき知識ですからね。1か月以内に解約すれば、お金はかかりません。

 

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

「子どもに伝えたい18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

【無料体験あり】”子どもに伝えたい18のこと”を購入する

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました