【初付与!】HashHubレンディング貸借料報告(2021.6)

運用実績

 

・HashHubレンディングって実際どうなんだろう…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

本日……HashHubレンディングから初めて貸借料をいただきました!

 

貸し出しを開始したのが、6月15日ですから…たった半月しか経過していません。

 

【簡単】HashHubレンディングに申し込んだ!利用の流れを説明

 

そんなわたしにも、しっかりと貸借料を配ってくれました。ありがたや。。。

 

ってことで今回は、初の貸借料報告HashHubレンディングの概要どんな人におすすめなのかを紹介しますね。

 

この記事から分かること
  1. 初の貸借料はいくらだった?
  2. HashHubレンディングとは?
  3. レンディングはガチホさんにおすすめ

 

この記事を読めば、もうHashHubレンディングで迷うことはありません。

 

\無料の登録はこちらから/

 

スポンサーリンク

初の貸借料はいくらだった?

 

・初の貸借料は……「2,220円」でした!

 

ありがたいです。。。半月貸してただけですかね。

 

HashHubレンディングからの貸借料

 

ざっくり計算してみた
  • 0.19BTC(貸出BTC)× 7%(2021.6月の年率)=0.0133(年間付与BTC)
  • 0.0133(年間付与BTC)÷ 12か月=0.001108333…(月付与BTC)
  • 0.001108333…(月付与BTC)÷ 2(今回の貸出は半月のみ)=0.0005541666…(今回付与BTC)
  • 0.0005541666…(今回付与BTC)× 3,873,063.74円(BTC価格)=2,146円

 

ふぅ……ざっくり合っていました。。。

 

すみません。数字ばかりで、、、少し気になったので計算してみました。

 

ちなみに付与されたBTCは、当初分「0.19BTC」へ上乗せされて、複利でどんどん増えていきます。

 

HashHubレンディング貸出推移

 

HashHubレンディング貸出後のBTC

 

・0.19 BTC(当初)+ 0.00057295 BTC(今回付与)0.19057295 BTC(合計)

 

7月からは年率が「5%」(6月:7%)となってしまいましたが、引き続き運用し続けていきます。

 

HashHubレンディングとは?

HashHubレンディング

 

・株式会社HashHubが提供している「暗号資産のレンディングサービス」となります。

 

会社の概要は、以下のとおりです。

 

会社名株式会社HashHub
設立2018年4月
役員・平野淳也
・川浪創
所在地東京都文京区本郷3-38-1 本郷信徳ビル7階
資本金980万円
事業内容・プロダクト開発
・リサーチ、コンサルティング
・ブロックチェーン特化型コワーキングスペース運営
株式会社HashHub会社概要

 

未上場のベンチャー企業で、役員の「平野淳也さん」Twitterで積極的に発信活動を行なっています。

 

HashHubレンディングの特徴は以下の3つ

  1. 国内最高の年率5.0%(BTC)
  2. 解約手数料がかからず、1か月の自動更新
  3. 金利が毎月付与され、複利で増える

 

このように比較的「高い年率」と「解約手数料がかからない」ところが特徴となっています。

 

もっと詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてください↓

【BTCガチホへ】HashHubレンディング3つの特徴をまとめてみた

 

レンディングはガチホさんにおすすめ

レンディングはガチホさんにおすすめ

 

・暗号資産をガチホすると考えている人は「レンディング」がおすすめです。

 

わたしも「ビットコインをガチホする」と決めて運用しています。

 

【コインチェック】ビットコインはガチホ!長期保有へ簡単3ステップ

 

ガチホでただ持っておくだけでは、もったいないので、こうしてレンディングで貸し出して運用しています。

 

もちろんリスクはありますが、基本的には貸したら増えて返ってきます。

 

暗号資産レンディングにひそむ知っておくべき3つのリスク

 

コインチェック などの大手取引所が提供しているレンディングサービスは、比較的安全だと思っています。

 

しっかりと金融庁からも登録されて、運営していますし。

 

儲けそうだからと、仕組みを理解せず行うことは、おすすめしません。

 

しっかりとリスクを理解した上で、行なうようにしましょう。

 

【専門事業者に聞く】暗号資産レンディング裏側で起きてる3つのこと

 

最後に

 

今回は「初の貸借料報告とHashHubレンディングの概要、どんな人におすすめなのか」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. 初の貸借料は……「2,220円」でした!
  2. HashHubレンディングとは、(株)HashHubが提供している「暗号資産のレンディングサービス」
  3. レンディングはガチホさんにおすすめ

 

国内には、まだまだ多くのレンディングサービスがありますから、下記の記事を参考にして、気になるところを調べてみてください。

 

【おすすめは?】国内の暗号資産レンディング貸出サービス8選まとめ

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました