【HashHubレンディング】USDCの取扱開始!USDCとは?

暗号資産レンディング

 

・USDCって最近聞くようになったけど、イマイチよく分からない…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

HashHubレンディングをお使いのみなさん。もしくは、気になっているみなさん。

 

「USDC」の取扱いが開始されましたね。

 

 

※「USDC」の貸借料率14%は2021年6月28日で終了しています。

 

最新の貸借料率は、HashHubレンディング公式HPをご確認ください。

 

でもこれを聞いて…「USDC」って何だろう?と疑問に思われた方も多いはず。

 

そんな方へ、今回はUSDCについて、概要と3つの特徴を紹介します。

 

この記事から分かること
  1. USDCとは?
  2. ステーブルコインとは?
  3. 「USDC」3つの特徴

 

この記事を読めば、もう「USDC」についてバッチリ理解できます。

 

スポンサーリンク

USDCとは?

 

・USDC(USD Coin)は、米大手の暗号資産関連企業Circle(サークル)社が開発した「ステーブルコイン」です。

 

ステーブルコインとは?

・価格がある通貨と連動し、安定(ステーブル:Stable)するように設計されたコインのことを指します。

 

ここでは「USD(米ドル)」と価格が連動するよう、設計されており、日銀も注目しているコインの一つとなっています。

 

【日銀】黒田総裁が「ステーブルコイン」に前向きな姿勢 財政金融委員会で音喜多議員が質疑

 

値動きの少ない米ドルに連動させることで、暗号資産のデメリットであった激しい値動きを解消してくれるのが大きな特徴となっています。

 

このステーブルコインの誕生により、現実世界で「決済手段として利用されてくるのでは?」と普及が期待されています。

 

「USDC」3つの特徴

 

  1. 価格が安定している
  2. バックの信頼性が高い
  3. 日本の取引所では購入できない

 

価格が安定している

 

・「1ドル≒1USDC」でレートを保つよう設計されているため、暗号資産よりも価格が安定しています。

 

これが最大の特徴で「暗号資産=値動きが激しい」という常識をぶち壊してくれました。

 

2018年の暗号資産バブルのとき、ビットコイン保有者がその逃げ道として選んだのが、USDCなどのステーブルコインでした。

 

このように「投資」目的というより「資産確保」という目的に利用されるのが、USDCなどのステーブルコインとなっています。

 

バックの信頼性が高い

 

・USDCは、大手金融企業の「ゴールドマン・サックス社」から出資を受けています。

 

 

また、USDCは大手暗号資産取引所である「Coinbase社」「サークル社」が共同で設立したCentre社が発行元になっています。

 

Coinbase社」の最近の動きは、目覚ましいものがあります。

 

Coinbase社の最近の動き

※金融庁の「暗号資産交換業者登録一覧」はこちらから

 

ほんとCoinbase社は、今勢いに乗っています。

 

また、Coinbase社とサークル社の2社は、ニューヨーク州金融サービス局から発行される免許である「Bit License」を取得しています。

 

これを取得することで、ニューヨーク州内での暗号資産事業を展開することができます。

 

このように大手企業や様々な登録などもあり、バックが非常に信頼高くなっています。

 

日本の取引所では購入できない

 

・USDCですが…非常に残念なことに、現在日本の取引所では購入できません。

 

購入するには、海外の取引所が必要となります。

 

Binance(バイナンス)など、大手の取引所から購入するのが賢明でしょう。

 

購入を検討される方は、下記の記事を参考にしてみてください。

BINANCE(バイナンス)の口座開設手順と使って分かった3つの特徴

 

最後に

 

今回は「USDCの概要と3つの特徴」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

USDCとは?

・USDC(USD Coin)は、米大手の暗号資産関連企業Circle(サークル)社が開発した「ステーブルコイン

 

ステーブルコインとは?

・価格が安定(ステーブル:Stable)するように設計されたコイン

 

「USDC」3つの特徴
  1. 価格が安定している
  2. バックの信頼性が高い
  3. 日本の取引所では購入できない

 

USDC、残念ながら日本の取引所では購入できませんが、HashHubレンディングでは他にも取り扱っている通貨があります。

 

HashHubレンディング公式HPはこちらから

 

ぜひ、この機会に利用を検討してみてください。

 

【BTCガチホへ】HashHubレンディング3つの特徴をまとめてみた

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました