【後からじゃ遅い】暗号資産のリスクを抑える上で大切な3つのこと

基礎知識

 

・暗号資産のリスクが大きいことは分かってるけど、少しでも抑える方法ってないのかな…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

最近の暗号資産市場の盛り上がりから、勢いで投資を始めた人も多いと思います。

 

ですが、リスクが大きい分、しっかりと対策を行わないと大損してしまうかもしれません。

 

わたしも、暗号資産に関して約1年間ほど投資を行なってきましたが、特にリスク管理は意識して取り組んでいます。

 

そこで今回は「暗号資産のリスクを抑える上で大切な3つのこと」を紹介します。

 

リスクを抑える上で大切な3つのこと
  1. 少額から始める
  2. 国内の取引所を選ぶ
  3. ハードウォレットへ分散させる

 

この記事を読めば、もう「暗号資産のリスク管理」で迷うことはありません。

 

スポンサーリンク

少額から始める

 

・できる限り少額から始めましょう。

 

これは、投資における大原則です。特に暗号資産は値動きが激しいですから、なおさら。

 

一瞬にして、資産がふき飛ぶ可能性だってあります。

 

先日も「TITAN(チタン)」と呼ばれるコインが大暴落して話題になっていました。

 

 

このように投資を「宝くじ感覚」で行なっている人は多いと思います。ですが、一発逆転を望むのは、本当にやめた方がいいです。

 

生活がちょっと豊かになったらいいな。という意識がいいのかもしれません。わたしはそんな意識でいます。

 

国内の取引所を選ぶ

コインチェック

 

・海外ではなく、国内の取引所を選ぶようにしましょう。

 

国内の取引所は現在、金融庁の登録を受けてから運営をしています。

 

だから安心というわけではありませんが、ある程度は信頼していいと考えています。

 

また、金融庁へ登録されている取引所には「利用者財産の分別管理」が義務づけられています。

 

利用者財産の分別管理とは?

・万が一、取引所が破産するような場合でも、あなたの財産は守られる仕組みのこと。

 

これに関しても「だから安心だ。」ということが言いたいわけではなくて…

 

あくまで「リスクはできる限り抑えましょ。」ということを伝えたいんです。

 

海外が悪いわけではありませんが「何かコトが起こったときに対処できますか?」ということです。

 

最悪の場合……裁判だって考えられます。そうなったときに、英語で対処しないといけなくなるかもしれません。

 

そう考えると、金融庁へ登録されている国内の取引所が安心だと思うんですよね。

 

【2021年まとめ】初心者へおすすめの暗号資産取引所5選を紹介!

 

ハードウォレットへ分散させる

ハードウォレット

 

・取引所のウォレットではなく、物理的にも管理して分散させようということです。

 

ウォレットとは、銀行でいう「預金口座」のことで、大きく分けて以下の2種類に分けられます。

 

  • ホットウォレット(ネットで管理):ウェブ、デスクトップ、モバイル
  • コールドウォレット(ネット外で管理):ハード、ペーパー

 

このネットに接続されていない「コールドウォレット」が、ハッキングなどがないため、安全性が一番高いと言われています。

 

今は多くの人が、取引所の口座内で暗号資産を管理していると思います。これが上記の「ホットウォレット」に該当します。

 

それをネットと切り離して、管理しようということです。

 

日本ではなじみのない「ハードウォレット」ですが、海外では当たり前に使われています。

 

ちなみにこんなやつです↓

 

ハードウォレット
ハードウォレット(TREZOR)

 

ハードウォレット
ハードウォレット(TREZOR)

 

意外と手のひらサイズでかわいいんです。

 

価格が1万円くらいするので、少し気になるかもしれませんが、これで資産を守れるなら、価値のある投資だと思います。

 

ハッキングが一番怖いですからね。資産を奪われる前に、一度検討してみてもいいと思います。

 

ちなみに…

・ハードウォレットはAmazonでも購入できますが、詐欺にあう可能性があるので、正規の販売店から購入するようにしましょう。

※あらかじめハードウォレットに「ウイルス」が仕込まれていて、暗号資産が盗まれるそうです。。。

 

【参考】人気のハードウォレット2選

 

 

 

最後に

 

今回は「暗号資産のリスクを抑える上で大切な3つのこと」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. 少額から始める
  2. 国内の取引所を選ぶ
  3. ハードウォレットへ分散させる

 

暗号資産では、いかにリスクを抑えながら運用していくかが鍵となっています。

 

もちろん、どの投資においてもリスク管理は重要ですが、乱高下の激しい暗号資産は特にです。

 

少額からコツコツとやっていきましょう。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

【あなたの資産を守ってくれる】ハードウォレット「TREZOER」はこちらから

 

 

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
基礎知識
\ よかったら、シェアしてください /
\フォロー待ってます/
質素な投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました