【生活費7つの内訳まとめ!】手取り20万以下の27歳一人暮らし

手取り20万の生活

 

・在宅勤務が増え、残業も少なくなりラクにはなったけど、その分収入も減ったから生活費抑えたいな…そんな方へ。

 

こんにちは。現在27歳。手取り20万以下で一人暮らしをしている、かめ(@shisso_toushi)です。

 

在宅勤務が増えて、収入が減った人は多いと思います。生活費…なるべく抑えたいですよね。

 

と、そんなことを思いながらも、具体的に何をすればいいのか分からない人もいると思います。

 

ってことで今回は、手取り20万以下で生活している、わたしの生活費7つの内訳を紹介します。

 

特に「20代後半で一人暮らしをしている人」の参考になればと。

 

そうでない人も、参考にしてみてください。

 

この記事から分かること
  1. 生活費7つの内訳
  2. 数カ月に一回の出費3選
  3. 一番大切にしていること

 

この記事を読めば、もう「悩まされていた生活費」で迷うことはありません。

 

スポンサーリンク

生活費7つの内訳

 

生活費7つの内訳は、以下のとおりです。

 

1住居10,000円
2電気1,500円
3水道・ガス5,000円
4食費20,000円
5通信6,000円
6交通1,500円
7趣味3,000円
47,000円
生活費7つの内訳

 

これに、毎月はかからない日用品や飲み会などの費用、また急な出費などを加えて「手取り20万以下」で生活しています。

 

住居

 

・住居は生活費に占める割合が一番大きいところです。ここをいかにして削るかが鍵となります。

 

当然、場所にもよりますが、20代後半で一人暮らしなら「月5万円以下」には抑えたいですね。

 

わたしは現在、幸運にも会社からの援助もあり「月1万円」の家賃で生活しています。これが一番大きいです。

 

こうやって会社からの恩恵は、とことん使うべきです。家賃補助や社宅など。

 

あとは、できるのであれば実家から通うのも一つの方法です。

 

【家賃0円】実家暮らしは、お金が貯まる3つの理由

 

恥ずかしい?そんなことは、時間とともに気にならなくなります。

 

わたしも社会人になってから、実家暮らしをしていましたが、ほんといいですよ。

 

お金は貯まるし、食事には困らないし。

 

住居費は、一番に考えるべき項目ですね。

 

電気

シンエナジー

 

・数ある電気業者から、自分のライフスタイルにあった業者を選んで節約しましょう。

 

今は電力の自由化により、様々な業者から選ぶことができます。わたしも色々と調べて、業者の選定を行なってきました。

 

電気代は月3桁!20代ミニマリスト5つの電力会社選び基準を解説

 

業者ごとに様々なプランがあり、自分のライフスタイルへあったプランを選択することで、大きく節約できる場合があります。

 

ちなみに、わたしが利用している「シンエナジー」は…

 

シンプルな3つのプランと、使用した電気がネットで簡単に見える化されていて、使いやすいですよ。

 

シンエナジー
シンエナジーの電気の見える化

 

もちろん安いです。見える化されていると、どこで電気を一番使用していたのかが分かって改善しやすいんですよね。

 

【感想】電力節約額1位のシン・エナジーについて良かった点3つを話す

 

\【0円】初期費用 & 解約手数料/

 

水道・ガス

 

・水道とガスについては、そこまで切り詰めて考えていません。

 

水道・ガス・電気とよくひとくくりにして、言われていますが、一番節約効果が大きいのは先ほど紹介した「電気代」と考えています。

 

ですから、水道・ガスについては、過度に使いすぎないくらいに考えています。

 

食費

 

・食費は、週末に一回まとめ買いをしています。

 

そうすることで、月の食費も管理しやすいですし、なにより無駄な買い物が減ります。

 

みなさんも思い当たる節があると思いますが、やっぱりお店に入ってしまうと、ついつい目に入ったおいしそうなものを買ってしまうと思うんです。

 

それが週一回の買い物に抑えることで、なくなります。特に多いのがコンビニですかね。

 

あそこは「誘惑の館」ですからね。わたしは基本入らないようにしています。

 

【なんで?】買いすぎを防ぐために行なっている3つのこと

 

通信

ビックローブのWiMAX 2+

 

・ここは見落としがちですが「格安スマホ」と「ポケットWi-Fi」がおすすめです。

 

具体的には「楽天モバイル」と「WiMAX」です。

 

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」では現在、使用したデータ量に応じた料金体系となっています。

 

楽天モバイル料金体系
Rakuten UN-LIMIT VI

 

  • 1GBまで:0円
  • 3GBまで:980円
  • 20GBまで:1,980円
  • 20GB以上:2,980円

 

なんと1GBまでなら「0円」なんですよね。

 

要するに「ポケットWi-Fi」をうまく使えば、月の通信費はポケットWi-Fiだけで済んでしまいます。

 

そのポケットWi-Fiで、おすすめなのが、わたしも愛用している「WiMAX」

 

 

特にBIGLOBEのWiMAXが、契約期間の縛りが1年のみと使いやすいです。

 

BIGLOBEBroad WiMAXUQ WiMAX
契約期間1年3年2年
事務手数料3,300円3,300円3,300円
キャッシュバック1万7,000円なし3,000円
端末代880円/月無料1万6,500円/一括
月額料金4,378円1~2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
4,268円
解約料1,100円1万5,400円(24か月以内の解約)1,100円
WiMAX人気プロバイダー比較

 

今は在宅勤務や変化の激しい時代です。

 

いつどこで働くことになるか分からないですから、契約期間の短い、かつ持ち運びやすいBIGLOBEのWiMAXがいいですよ。

 

\【無料】端末送料!17,000円のキャッシュバックあり/

 

交通

 

・基本は徒歩と自転車で、車は持たないスタイルです。

 

車を持たないだけで、維持費がかからない & よく歩くようになります。お金的にも健康的にもメリット大です。

 

歩く習慣がつけば、ほんと健康になります。

 

特に朝。静かで澄んだ空気の中、歩くのは最高です。ちょっとしたメリットも↓

 

 

2kmくらいの移動なら歩きましょう。欲を言えば5km。そう、とにかく歩く。

 

  • 通勤
  • 買い物
  • お出かけ

 

上記の用事で、何気なく車や電車を利用することがあると思います。

 

それを、ちょっと一駅分や5分だけでも歩くことに時間を割けば、変わってきます。

 

これを時間の無駄だと思っていると、ほんと健康を害すると、わたしは思っています。

 

歩くことで得られる効果は様々なところで言われていて、脳・健康・メンタル・アンチエイジング……メリットが大きいんです。

 

「歩く」効果・紅葉とそれを習慣化する方法の整理(国土交通省)

 

脳を鍛えるには運動しかない!」という本の中でも、その歩くことへの効果は詳しく説明されています。

 

ぜひ、歩く習慣をつけたい人は読んでみてください。身体や心が軽くなり、毎日が過ごしやすくなります。

 

 

無料で読んでみたい人は「Kindle unlimited」を試してみてください↓

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

趣味

・趣味はいくつかありますが、毎月かかるのは「ブログ」と「Kindle Unlimitedのみです。

 

今はお金をそこまでかけなくても、充分に楽しめる環境が整っています。

 

そこで大切になってくるのが、アウトプットする習慣をつけておくことだと考えています。

 

わたしの場合ですと、当ブログ(質素な投資ブログ)になります。ほかにも……

 

  • 動画が好きなら「YouTube」
  • 本が好きなら「note」や「ブログ」
  • 写真が好きなら「Instagram」

 

これらは、あくまで一例です。ほんと今はいろいろなアウトプット方法があります。

 

これを一つ習慣にしておくことで、生活の充実度が変わってくるんですよね。

 

反応をもらえたときとか、特に。

 

「こんなの誰かの役に立つのかな?」って知識も、きっと誰かの役に立つんですよね。

 

それが、アウトプットし始めて気がついたことです。

【国内シェアNo.1】ブログを始めるならエックスサーバー

 

そして、それをさらに学ばせてくれたのは「学びを結果に変えるアウトプット大全」という、精神科医である、樺沢(かばさわ)氏が書いた本になります。

 

本書では、Twitterや普段の会話、また落書きなどが勧められていて、とにかく考えたことを整理する。

 

そして、吐き出すというサイクルを繰り返してみようと言っています。

 

アウトプットの方法を網羅的に学ぶのに、うってつけの一冊となっています。

 

 

こちらも、無料で読んでみたい人は「Kindle unlimited」を試してみてください↓

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

数カ月に一回の出費3選

 

1美容院3,000円
2歯医者3,000円
3交際費10,000円
16,000円
数カ月に一回の出費3選

 

美容院

 

美容院は2か月に1回で、髪も短いので3,000円以内のところで切ってもらっています。

 

美容にうといわけではありませんが、髪も短いので、毎日洗って寝癖を整えてスタイリングすれば、男性なら問題ないと考えています。

 

歯医者

 

歯医者はみなさん見落としがちだと思いますが、めんどくさがらず定期健診に行きましょうね。

 

歯医者さんに聞くと、最低でも「半年に一度」は来てほしいと言っていました。

 

わたしも正直めんどくさいと思っていますが、歯がなくなって、おいしいご飯が噛めなくなるのは、ほんとイヤですからね。

 

歯がなくなると、栄養がとれなくなって、そうなると身体自体にも悪影響を及ぼしますからね。

 

ほんと大切です。

 

「歯医者さんがおすすめするデンタルケアグッズ7選」は、下記の記事からどうぞ↓

 

臨床22年の歯科医師が語る!良いと思う歯医者さん3つのポイント

 

交際費

 

交際費……特に会社の飲み会ですね。

 

上の人が勢いで「今日疲れたし、パーっと行くか!」と言ってきたやつには、行かないようにしています。

 

愚痴のオンパレードで疲れるだけです。断るのは、難しいかもしれませんが、そこは強い意志を持つことしかないです。

 

逆に歓迎会など、目的のある飲み会は参加するようにしています。

 

自分が普段なかなか話せない人と、関われるチャンスですからね。

 

こうやって線引きをしておかないと、あれやこれやと参加してると、お金もメンタルも身体も持ちません。

 

断ることは、自分を大切にすることにつながります。

 

一番大切にしていること

man walking beside the foot of the mountain during daytime

 

・一番大切にしていることは「健康」です。

 

よく歩き、健康的な食事をし、歯医者などでメンテナンスをする。

 

身体への投資」は、とことん行なうようにしています。身体がダメになると、すべてが終わりますからね。

 

このブログだって書けなくなるし、仕事もできなくなります。

 

最悪の場合、寝たきりになることだって考えられます。

 

常に最悪の場合を想定して、いかに日々の習慣で「維持 & 改善、そして進化」していけるか。それに尽きます。

 

Twitterからの反応

 

 

 

最後に

 

今回は「手取り20万以下の生活費7つの内訳」を紹介しました。

 

一番言いたいことは最後の「健康」をおろそかにしないことですね。

 

ここを忘れないよう、日々の生活費を抑えられると、生活に余裕が出てくると思います。

 

まぁあとは、アウトプットする習慣がつけば、生産性のある生活ができると思います。

 

少し長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございました。

 

これで何か明日から、生活の変化につながっていれば幸いです。

 

では終わります。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

【解約手数料0円】電気代を改善したいならシンエナジー

 

【端末送料0円】通信費を改善したいならBIGLOBEのWiMAX

 

【30日間の無料お試し】Kindle unlimitedの読み放題はこちら

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ
にほんブログ村

 

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました