【なんで?】買いすぎを防ぐために行なっている3つのこと

手取り20万の生活

 

・買い物に行くとついつい買いすぎてしまう…そんなみなさんへ。

  

この4月(2021年)から4年ぶりに一人暮らしをはじめて、週に一度の買い物を楽しんでいる、かめ(@shisso_toushi)です。

 

ついつい買いすぎてしまうことってありますよね。。。

 

そしたら、知らずしらずのうちにお金が減ってた……みたいな。

 

しかも、やっかいなことに、こびりついたこのクセは、なかなかに直すことが難しいです。

 

たまに母を見ていて思います。。。

 

私もはじめの頃は、それにおちいっていました。

 

家に帰ると「あっ…なんでこれ買ったんだろう。」ということが…。

 

そこで、今回はその”ついつい買いすぎてしまうクセ”を改善するために、私が行なっている3つのことを紹介します。

 

買いすぎないために行なっている3つのこと
  1. 事前にリストアップしておく
  2. 空腹時に行かない
  3. かごは手で持つ

 

この記事を読めば、もう「買い物でついつい買いすぎる」ことはありません。

 

スポンサーリンク

事前にリストアップしておく

 

・事前のリストアップは、必ず行なっています

 

これで8割ほどの買いすぎは、防ぐことができると思っています。

 

事前に頭の中を整理しておかないと、いざ買い物に行くと、おいしそうな食べ物たちに目を奪われてしまいます。

 

人間は食欲には、本当に弱いです。

 

  • ”紙”に書き出す
  • ”手”に書き出す
  • ”メモアプリ”に書き出す

 

リストアップの方法は、みなさん自身に合ったやり方を模索してみるといいです。

 

おすすめは「Google Keep

神様、仏様、Google様が出している、スマートフォンのアプリですね。

 

 

私は買い物だけでなく、ありとあらゆるメモを、ここに保存しています。

 

Googleのアカウントで認証していれば、パソコンからでもスマートフォンからでも、いつでもどこでも同期してくれるので、とても便利です。

 

まずは、アプリでお手軽にはじめてみるのもいいかもしれませんね。

 

空腹時には行かない

   

・できるだけ、空腹時には行かないようにしています。

 

やはり「買いすぎない買いすぎない」と、心の中で思っていても、食欲は食後の睡魔のように、みなさんを追ってきます。

 

ですから、空腹時に買い物に行くと、ついつい買いすぎてしまうんですよね。すべてが魅力的な食べ物に、見えてしまいます。笑

 

だから、できるだけ…いや空腹時には行かないようにしています。

 

  • 食後に行く
  • ガムを噛んでおく
  • ナッツを食べる

 

空腹時を避ける方法はいくつかありますが、やっぱり王道は「食後に行く」ことでしょう。

 

満腹中枢を満たされた状態なら、食欲にも勝てます。ここで負けるようなら、残念ながら諦めるしかありません。

 

食後の運動にもなりますし、一石二鳥です。

 

どうしても食後が難しいときは、ガムやナッツに頼ることもあります。

 

  • ガム:噛むことで満腹中枢が刺激される
  • ナッツ:罪悪感なしの間食と言ったらこれ(ただし、食べすぎには注意)

 

ガムとナッツをうまく活用すれば、買いすぎも防げますし、さらには食べすぎも防ぐことができます。

 

ここらへんとうまく仲良くしておけば、人生の強い味方になってくれること間違いなしです。

 

ちなみに…私の購入ポイント↓

 

  • ガム:キシリトール100%
  • ナッツ:無添加・無塩・無油・素焼き

 

ご参考までに。

 

 

かごは手で持つ

 

・かごは手で持ち、カートは使いません。

 

かごを手で持つと、食材の重みをダイレクトに感じられて、買いすぎを防ぐことができます。

 

意外と重たいんですよね。買い物かごって。

 

カートで押していると、その重みは皆無になってしまいます。

 

かごに入るだけ、入れてしまうんですよね。余白を埋めたくなる人は、要注意です。

 

かごを手で持つことによるメリットは3つ↓

 

  1. カートより動きやすい
  2. 筋トレになる
  3. 時短になる

 

スーパーとかって、カートがあるとどうしても、動きが制限されて動きにくくなるんですよね。

 

それより、手で持つ方が動きやすい。さっさっさっと軽やかに動けます。

 

あとは、手で持つことで腕の筋トレにもなります。

 

さらに、かごが重たくなってくると、買い物を早く済ませたい欲で、買い物時間が短くなります。

 

実はメリットだらけ。

 

デメリットは、本当にかごが重たいとき。「腕が痛い。」ただただ、これに尽きます。

 

最後に

 

今回は、「買い物で買いすぎないために行なっていることを3つ」紹介してきました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. 事前にリストアップしておく
  2. 空腹時には行かない
  3. かごは手で持つ

 

生きているかぎり、買い物とは付き合っていかないといけません。

 

ですから、日頃からうまくコントロールしておかないと、簡単にお金がなくなってしまう恐れがあります。

 

食後に「Google Keep」でリストアップ

スーパーに着き、かごを手に取る

そのままリスト見ながら買い物を済ます

 

これで、買いすぎを防げます。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました