WiMAX最新端末「WX06」を快適・長持ちさせる11のノウハウ

暮らしの最適化

 

・「WX06」届いたけど、細かい設定はどうしたらいいんだろう…そんなあなたへ。

 

こんにちは。今年(2021年)の4月から、WiMAX最新端末「WX06」を使用している、かめ(@shisso_toushi)です。

 

WiMAXを何の設定もせず使用していると、充電の持ちが悪くなったりして、快適に利用することが困難になってきます。

 

ですので、今回は私が使用してみて分かった「WX06を快適・長持ちさせる11のノウハウ」を紹介します。

 

【WX06を快適・長持ちさせる11のノウハウ】

  1. 通信モード「HS(ハイスピード)」
  2. 切忘れ防止タイマー「✓」
  3. ロングライフ充電「✓」
  4. 省電力モード「NORMAL(バランス)」
  5. Wi-Fi周波数設定「2.4G,5G 個別」
  6. 輝度調整「暗い」
  7. 点灯時間「15秒」
  8. 電池残量表示(%)「✓」
  9. ホーム画面表示「3日」
  10. 日次通信量カウント「✓」
  11. 超過通知「使用しない」

 

目次から気になるところへ飛べます。それでは。

 

スポンサーリンク

通信モード「HS(ハイスピード)」

通信モード「HS(ハイスピード)」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→「ネットワーク」→「通信モード」→「HS」

 

「HS(ハイスピード)」は、標準仕様のWiMAX2+回線になります。

 

WiMAX2+回線で不自由なく使用できるなら、ずっとこの設定でOKです。

 

お隣の「HS+A(ハイスピードプラスエリア)」は、WiMAX2+回線に加えて「au 4G LTE回線」も使用できるモードになります。

 

単純に、電波がつながりやすくなるんです。ですが、以下の3つのデメリットがあります。

 

  1. 月に「7GB」まで
  2. 7GBを超えると月末まで「速度制限」
  3. 「オプション料金」がかかる

 

「7GB」を気にして使用するのは疲れますので、どうしても電波のつながりにくい場合のみ利用するのが賢明でしょう。

 

基本は「HS(ハイスピード)」でOK。

 

切忘れ防止タイマー「✓」

切忘れ防止タイマー「✓」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→「ECO」→「切忘れ防止タイマー」→「✓」

 

切忘れ防止タイマーを「✓」しておくことで、1時間操作していなかったら自動的に休止状態になってくれます。

 

ロングライフ充電「✓」

ロングライフ充電「✓」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→「ECO」→「ロングライフ充電」→「✓」

 

切忘れ防止タイマーを「✓」しておくことで、充電が「70%」までとなり、電池パックの劣化が防げます。

 

省電力モード「NORMAL(バランス)」

省電力モード「NORMAL(バランス)」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→「ECO」→「省電力モード」→「NORMAL(バランス)」

 

省電力モードはみなさんの使用する環境・目的によって、変わってくると思いますが…

 

基本は「NORMAL(バランス)」で問題ありません。

 

Wi-Fi周波数設定「2.4G,5G 個別」

Wi-Fi周波数設定「2.4G,5G 個別」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→「LAN側設定」→「Wi-Fi周波数設定」→「2.4G,5G 個別」

 

「個別」に設定しておくことで、みなさんの環境によって自動的に切り替えてくれて、電池の持ちをよくすることができます。

 

一人暮らしで、端末を近くで使用する場合は、この設定で問題ありません。

 

逆に、家族で使用する場合や一人暮らしでも、遠くの端末を複数接続する場合は、「同時」のほうがいい場合があります。

 

個別→同時に切り替えようとすると、「あなたはそれでも切り替えますか?」みたいな感じで聞かれます↓

 

Wi-Fi周波数設定「2.4G,5G 個別」

 

下に、2.4Gと5.0Gの特徴をまとめてみましたので、設定の参考にしてみてください↓

 

周波数メリットデメリット
2.4GHz・対応機器が多い
・障害物(壁など)に強い
・通信範囲が広い
・電波の干渉が強い
・通信速度が遅い
5.0GHz・電波の干渉が少ない
・通信速度が速い
・対応機器が少ない
・障害物(壁など)に弱い
・通信範囲が狭い
2.4Gと5.0Gのメリット・デメリット

 

輝度調整「暗い」

輝度調整「暗い」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→右へ→「ディスプレイ」→「輝度調整」→「暗い」

 

輝度調整を「暗い」にしておくことで、消費電力を抑えることができます。電池パックにも目にも優しいです。

 

点灯時間「15秒」

点灯時間「15秒」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→右へ→「ディスプレイ」→「点灯時間」→「15秒」

 

点灯時間も「15秒」にしておくことで、無駄な電力を消費しなくてすみます。

 

電池残量表示(%)「✓」

電池残量表示(%)「✓」

 

・ホーム画面から左へ→「設定」→右へ→「ディスプレイ」→「電池残量表示(%)」→「✓」

 

こちらは好みにもよりますが、設定しておくことで「パーセント表示の電池残量」を確認することができます。

 

確認方法

ホーム画面から右へ→「電池残量推移」

 

電池残量表示(%)「✓」

 

ホーム画面からでは、大まかな残量しか確認できませんので、設定しておくと便利です。

 

ホーム画面表示「3日」

ホーム画面表示「3日」

 

・ホーム画面から左へ→「設定」→右へ→「データ通信量」→「ホーム画面表示」→「3日」

 

こちらを「3日」にしておくことで、ホーム画面で過去3日間のデータ使用量を確認することができます。

 

WiMAXには「3日で10GB」という速度制限がありますので、それだけは確認しておく必要があります。

 

Broad WiMAXより

 

と言っても、制限は「翌日の18時~26時」だけです。

 

速度も「1Mbps(YouTube標準画質は視聴可能)」出るそうですから、そこまで過度なマイナスではないです。

 

 

BIGLOBEへ申し込む】

 

日次通信量カウント「✓」

日次通信量カウント「✓」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→右へ→「データ通信量」→「日次通信量」→「通信量カウント(HS)」→「✓」

 

先ほどの”ホーム画面表示「3日」”とセットで設定しておかないといけないのが、日次通信量カウントです。

 

日次通信量カウントを設定しておかないと、ホーム画面にデータ通信量自体が表示されません。必須です。

 

超過通知「使用しない」

超過通知「使用しない」

 

ホーム画面から左へ→「設定」→右へ→「データ通信量」→「月次通信量」→「超過通知機能」→「使用しない」

 

こちらは、月のデータ制限を超過したときの通知設定になっています。

 

月の使用量を気にする必要はないので「使用しない」に設定しておきましょう。

 

最後に

 

今回は「WX06を快適・長持ちさせる11のノウハウ」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. 通信モード「HS(ハイスピード)」
  2. 切忘れ防止タイマー「✓」
  3. ロングライフ充電「✓」
  4. 省電力モード「NORMAL(バランス)」
  5. Wi-Fi周波数設定「2.4G,5G 個別」
  6. 輝度調整「暗い」
  7. 点灯時間「15秒」
  8. 電池残量表示(%)「✓」
  9. ホーム画面表示「3日」
  10. 日次通信量カウント「✓」
  11. 超過通知「使用しない」

 

どうせ使うならWiMAXも、スマホ同様に快適・長持ちさせたいですよね。

 

WiMAX自体にも、自分自身にも負荷のかからない使い方をしていきましょう。

 

そうすれば、生活も快適により豊かになっていきます。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

BIGLOBEへ申し込む】

 

「BIGLOBE WiMAX 2+」

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ
にほんブログ村

 

 

\Kindleで私の書いた本を出版中/

Kindle Unlimitedを契約している人は、無料で読めます。

【Kindle Unlimitedを「無料体験」する】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました