bitbankの「貸して増やす」はどんな中身?5つの特徴を解説

暗号資産レンディング

 

bitbankの貸して増やす(レンディング)ってどうなんだろう…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

bitbankで暗号資産を保有している人…放置してるままじゃもったいないですよ。

 

保有してるだけじゃ、増えませんからね。。。

 

貸し出して利息収入を得ましょう。

 

ってことで今回は、bitbankが提供している「暗号資産を貸して増やす」サービスについて5つの特徴を紹介します。

 

今流行りのレンディングサービスですから、聞いておいて損はありません。

 

「暗号資産を貸して増やす」5つの特徴
  1. 毎月1日に募集がある(上限に達し次第終了)
  2. 募集時期によって「年率」「数量」が変わる
  3. 貸出期間:1年間
  4. 返還日:期間満了日から5営業日以内
  5. 途中解約:手数料5%

 

この記事を読めば、もうbitbankのレンディング」はバッチリ理解できます。

 

\無料の口座開設はこちらから/

 

スポンサーリンク

bitbank「貸して増やす」の概要

bitbank「貸して増やす」の概要

 

bitbank「貸して増やす」の概要は、以下のとおりです。

 

通貨10種類(BTC / LTC / XRP / ETH / MONA / BCC / XLM / QTUM / BAT / OGM)
年率1~3%(公式サイトより確認)
期間1年間
最低貸出0.05BTC
途中解約手数料5%
返還日5営業日以内
その他利用規約
取引ルール
bitbank(2021年7月時点)

 

bitbankの「貸して増やす」は、公式サイトより、毎月1日に募集があります。

 

そこで、その月の「年率や数量」が分かるようになっています。

 

どんな人におすすめ?

 

・比較的、資産の少ない人におすすめです。

 

貸出サービス(レンディング)には、最低貸出金額というのが存在します。

 

「最低これだけないと、貸出できないよ」という金額になります。

 

bitbankでは、この金額が低く設定されていることが多く、資金の少ない人でも貸出しやすい取引所となっています。

 

例えば…

【ビットコイン「最低貸出:0.05BTC」のとき】

・「1BTC=350万円」と仮定 → 「17万5千円」で貸し出しが可能!

 

高いと感じる人もいるかもしれませんが、多くの取引所では、この倍の「0.1BTC」となっていることが多いです。

 

そう考えると、bitbankの「貸して増やす」は、良心的なサービスと言えます。

 

「貸して増やす」5つの特徴

 

bitbank「貸して増やす」5つの特徴は以下のとおりです。

 

  1. 毎月1日に募集がある(上限に達し次第終了)
  2. 募集時期によって「年率」「数量」が変わる
  3. 貸出期間:1年間
  4. 返還日:期間満了日から5営業日以内
  5. 途中解約:手数料5%

 

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

 

毎月1日に募集がある(上限に達し次第終了)

ビットバンクの取扱銘柄

 

・毎月1日に公式サイトより募集があります。

 

毎月こちらの募集内容から判断して、申し込むことになります。

 

募集期間は「1か月」です。

 

ですが、bitbank既定の上限に達した時点で、募集期間の終了前に締め切ることがあるので注意しましょう。

 

募集時期によって「年率」「数量」が変わる

 

・募集時期によって「年率」「数量」が大きく変わります。

 

ちなみに2021年6月の場合↓

募集時期によって「年率」「数量」が変わる_ビットバンク

 

ビットコインは、「0.05BTC以上」から貸出ができて、年率は「1%」となっています。

 

年率「1%」は少し物足りない印象。せめて「3%」には、なってほしいですね。

 

ちなみに3月までは、ビットコインの最低貸出数量が「1BTC以上」だったので、数量に関しては大幅に下がってきています。

 

この調子で、年率も大幅な調整(3%とか5%とか)があると、うれしいんですけどね。。。

 

今後に期待しましょう。

貸出期間:1年間

貸出期間:1年間(暗号資産を貸して増やす_ビットバンク)

 

・貸出期間は、1年間となっています。

 

例えば、1月に申し込んだ場合…期間満了日は「来年の1月末」となります。

 

そこまでは、資金がロックされますので、お財布の中身を確認し、注意して預けるようにしましょう。

返還日:期間満了日から5営業日以内

返還日:期間満了日から5営業日以内(暗号資産を貸して増やす_ビットバンク)

 

・預けた資金が返ってくるのは、期間満了日から5営業日以内となっています。

 

期間満了日が「1月末」の場合…2月1日から5営業日以内に、取引口座へ振り込まれることになります。

 

比較的すぐに受け取れるのは、うれしいですね。

途中解約:手数料5%

 

・途中解約をする場合は、解約手数料として預けている資金の5%を支払うことになります。

 

公式サイトには「原則として、途中解約はできません。」と書かれていて……

 

しかし「当社がやむを得ないと認めた場合は、途中解約を行うことができます。」とも書かれています。

 

ですから、よっぽどのことがない限り、途中解約はできないし、しない方がよさそうです。

 

手数料5%ですから……1BTCを預けていた場合、「0.05BTC」が手数料として差し引かれることになります。

 

・現在の1BTC=400万円で換算すると……

400万円×0.05BTC=「20万円」

 

途中解約するだけで、20万円の手数料が引かれるのは、ダメージがでかいですね。

 

途中解約はやめておきましょう。

 

【無料】bitbankの口座開設はこちらから

 

最後に

 

今回はbitbankのレンディング5つの特徴」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. 毎月1日に募集がある(上限に達し次第終了)
  2. 募集時期によって「年率」「数量」が変わる
  3. 貸出期間:1年間
  4. 返還日:期間満了日から5営業日以内
  5. 途中解約:手数料5%

 

現状では、ビットコインを預ける場合は、他の取引所を利用するのがよさそう。

 

年率が5%になれば、考えるかなといった感じですね。ですが、いつルール変更があるか分かりません。

 

口座開設だけでも済ましておくと、あとから焦ることなく動き出せるでしょう。

 

レンディングはうまく利用すれば、ほんと楽に資産を増やすことができます

 

ぜひこの機会に、コインチェック など他のサービスも調べてみてください。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

【無料】bitbankの口座開設はこちらから

 

 bitbank

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました