【始め方】簡単です!コインチェックの開設!3つの手順紹介します。

暗号資産を始める

 

  • 口座開設って時間かかるのかな…
  • てか、そもそも何が必要なの…
  • 画像で詳しく解説してるブログないかな…

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

暗号資産の「口座開設」って、なんか難しそうで不安になりますよね。

 

ですが、安心してください。証券口座を開設するより、はるかにラクです。

 

楽〇証券とか、ほんと書類とかのやり取りが多くて、大変だった記憶があります。<(`^´)>

 

それを思い返すと、ほんと暗号資産の口座開設は楽ちんだと実感しています。(ネットだけで完結します)

 

しかもこの記事を読んでくれている、リテラシー感度の高い方ならなおさら!きっと簡単に開設することができますよ。

 

私も初めての開設は不安でいっぱいでしたが、ほんと意外とあっさり終わって驚いたのを今でも覚えています。

 

ってことで今回はコインチェック の口座開設について、実際の画面を見ながら丁寧に解説していきたいと思います。

 

口座開設3ステップ
  1. メールとパスワードでアカウント登録
  2. SMS認証&本人確認
  3. セキュリティー認証の設定

 

この記事を読めば、もうコインチェック の口座開設」で迷うことはありません。

 

今なら絶対に得するキャンペーン実施中!

 

【全員に2,500円!】ビットコインあげちゃうキャンペーン(~6/30まで)

 

概要本人確認(口座開設)と日本円入金を行った方全員に「2,500円」相当のビットコインをプレゼント!
手順コインチェック アプリにて「かんたん本人確認」をして、口座開設をする。

②口座開設完了後、「72時間(3日)」以内に入金をする
期間〜2022年6月30日 23:59
プレゼント内容対象者全員に「2,500円」相当のビットコインをプレゼント
プレゼントの進呈タイミング入金確認完了後、翌月の14日までに口座へ付与
キャンペーン詳細

 

 

メールとパスワードでアカウント登録

 

・まずは「メールとパスワード」でアカウント登録をします。

 

メールとパスワードでアカウント登録(コインチェック)
メールとパスワードでアカウント登録(コインチェック

 

登録したメールアドレスへ「認証メール」が届くので、URLをクリックします。

 

これでアカウントの登録は完了です。

 

SMS認証&本人確認

 

・次に、SMS認証(電話番号認証)& 本人確認を行っていきます。

 

SMS認証(電話番号認証)

 

電話番号を入力し、送信をクリックしましょう。

 

SMS認証【電話番号認証】(コインチェック])
SMS認証【電話番号認証】(コインチェック

 

【SMS認証】その後の流れ
  1. 携帯電話へSMSが届く
  2. 「認証コード6桁」を「送信された認証コード」へ入力
  3. 「認証する」をクリックで完了

 

本人確認(アプリからの申請)

本人確認(コインチェック)

 

本人確認は、アプリからとWebからの2種類の確認方法があります

 

アプリからできる人は、さくっとアプリから手続きしましょう。審査後は、すぐに利用することができます。

 

Webからですと、ハガキの受取りが必要となり、少々めんどう&時間がかかってしまいます。。。

 

【かんたん本人確認】アプリからの申請流れ
  1. お客様情報の登録
  2. 本人確認書類の提出

 

【登録できる本人確認書類の例】

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

 

【YouTube】動画で詳しく解説してくれています↓

 

【アプリ】かんたん本人確認のやり方(コインチェック

 

本人確認(Webからの申請)

 

・次にWebからの申請方法も紹介します。

 

流れは以下のようになります。

 

【本人確認】Webからの申請流れ
  1. お客様情報の登録
  2. 本人確認書類の提出(IDセルフィ―)
  3. 「本人確認完了メールとハガキ」が届くと利用可能

 

【IDセルフィ―とは?】

提出書類と本人が写っている写真を提出することです。例えば、運転免許証と自分の写真を撮って提出こと。(下記画像を参照)

 

【Web本人確認】IDセルフィ―(コインチェック)
【Web本人確認】IDセルフィ―(コインチェック

 

ハガキを受け取ったことがコインチェックで確認できると、利用が可能となります。

 

セキュリティー認証の設定

 

・最後に、資産管理において最も大切な「セキュリティ認証の設定」を行っていきます。

 

セキュリティ認証の設定には、以下の2つがあります。それぞれ一つずつ見ていきましょう。

 

  1. 2段階認証
  2. PINコード

 

2段階認証

 

・まずはじめに「2段階認証」を行います。

 

コインチェックでは、Google社が提供する「Google Authenticator(iOS/Android)」アプリを推奨しています。

 

2段階認証流れは以下のとおりです↓

 

  1. 「Googleの認証アプリ」をインストール
  2. コインチェックアプリからQRコードをコピー(アカウント→設定)
  3. Google認証アプリと連携(認証アプリ起動)
  4. コインチェックが認証アプリへ追加される(パスコードが追加)
  5. パスコードが正しいか確認(6桁のコードを入力)

 

PINコード

 

・最後に「PINコード」の設定を行いましょう。

 

この「PINコード」は「アプリログイン時」に、毎回入力する大切な「4桁の数字」となっています。忘れず覚えておきましょう。

 

これで、コインチェック の口座開設は完了となります。

 

後日「口座開設完了メール」が届きます。このメールが、コインチェック からの「口座承認の合図」です。

 

ちなみに私の場合は、土日を挟んでいましたが、3日後にそのメールが届きました。

 

コインチェックアプリを使用した感想

 

  • シンプルで見やすい
  • サクサクと動くので使いやすい
  • 初心者にも分かりやすい

 

コインチェック アプリは、3年連続国内で一番ダウンロードされている「暗号資産アプリ」となっています。

 

私も使用してみて感じますが、ダウンロード数が一位というのは納得できます。

 

コインチェックアプリ

 

知名度はもちろんのこと、初心者でも使いやすいのというのが、率直な感想です。

 

「暗号資産」という一見すると、怪しそうな世界ですが、それを感じさせないアプリの見やすさ・使いやすさになっています。

 

みなさんもぜひ、口座開設して使ってみてください。

 

最後に

 

今回はコインチェック の口座開設の手順」について、実際の画面を見ながら解説しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. メールとパスワードでアカウント登録
  2. SMS認証&本人確認
  3. セキュリティー認証の設定

 

投資にリスクはつきものですが、口座開設にリスクはありません。

 

コインチェック もそうですが、口座開設自体は「無料」で行なえます。

 

不安なことは多いかもしれませんが、まずはリスクのない「口座開設」を済ましておくといいですよ。

 

それだけで、投資するハードルが一気に下がります。

 

投資は、小さくコツコツと行なっていくのが基本です。あわてず……まずは「口座開設」から。

 

投資をするかは、そのあと考えましょう。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、Twitterでシェアしてくれると嬉しいです。

 

見つけ次第、ほぼ確実にリツイートさせていただきます。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

【無料】コインチェック で口座を作る

 

 コインチェック

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました