【コインチェック】「貸仮想通貨」申請をキャンセルした理由と手順を紹介

暗号資産レンディング

 

・コインチェックの「貸仮想通貨」申請が4か月たっても通らない…そんな方へ。

 

こんにちは。4か月間、申請が通らなかったのは、わたし(@shisso_toushi)です。

 

今年(2021年)の2月6日に申請した「貸仮想通貨」ですが、約4か月たっても申請中のままでした。

 

この「貸仮想通貨」を利用し、放置して不労所得を得る計画でしたが、スパッと諦めました。

 

理由は「これはまだまだ申請が通るのに、時間がかかるだろうな」と悟ったからです。

 

ほかにもレンディングを提供している取引所は、多くありますからね。

 

【おすすめは?】国内の暗号資産レンディング貸出サービス3選まとめ

 

ですから今回は、貸仮想通貨の申請をキャンセルして、取引口座に戻すまでの6つの手順を紹介します。

 

キャンセルして、取引口座へ戻す6つの手順
  1. 「コインを貸す」をクリック
  2. 貸出注文一覧の「キャンセル」をクリック
  3. 「貸出可能額」へ移動していることを確認
  4. 「振替」をクリック
  5. 「取引」口座へ移動
  6. トップ画面で移動していることを確認

 

この記事を読めば、もうコインチェック の貸仮想通貨「申請中」で頭を悩ませることはありません。

 

【無料登録】コインチェック の詳細はこちら

 

スポンサーリンク

「コインを貸す」をクリック

 

トップ画面→「コインを貸す」クリック

このときは、まだ「貸出申請中」にBTCがありますね。

 

「コインを貸す」をクリック

 

貸出注文一覧の「キャンセル」をクリック

 

「貸出注文の一覧」→「キャンセル」をクリック

「貸出注文の一覧」は、「コインを貸す」の画面から下にスクロールすると出てきます。

 

貸出注文一覧の「キャンセル」をクリック

 

「貸出可能額」へ移動していることを確認

 

「貸出申請中」から「貸出可能額」へ移動していることを確認

先ほど「貸出申請中」にあったBTCが「貸出可能額」へ移動しましたね。これで、申請キャンセルは完了です。

 

「貸出可能額」へ移動していることを確認

 

「振替」をクリック

 

トップ画面の右上→「振替」をクリック

ここからは「貸仮想通貨口座」から「取引口座」へBTCを移動させる作業にうつります。

 

「振替」をクリック

 

「取引」口座へ移動

 

「取引」口座へ移動
  1. 「貸仮想通貨」→「取引」へ
  2. 移動させたいコインを選択:BTC
  3. 数量を入力
  4. 「残高を移動する」をクリック

 

「取引」口座へ移動

 

トップ画面で移動していることを確認

 

移動していることを確認

これで先ほど「貸出可能額」にあったBTCがなくなり「取引口座」へ移動したことが、確認できましたね。

 

 

最後に

 

今回は「貸仮想通貨の申請をキャンセルして、取引口座に戻すまでの6つの手順」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

  1. 「コインを貸す」をクリック
  2. 貸出注文一覧の「キャンセル」をクリック
  3. 「貸出可能額」へ移動していることを確認
  4. 「振替」をクリック
  5. 「取引」口座へ移動
  6. トップ画面で移動していることを確認

 

暗号資産は値動きが、驚くほど激しいです。

 

日々自分にあったサービスを模索しながら、できるだけストレスフリーで運用していきましょう

 

私もまだまだ、勉強していきます。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

【無料登録】コインチェック の詳細はこちら

 

コインチェック

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料」です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

\【無料】30日間お試しプランはこちらから/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました