【知らないと損する】取引所と販売所の違い!大手3社を比べてみた。

【知らないと損する】取引所と販売所の違い!大手3社を比べてみた。暗号資産を始める

 

 

・「取引所」と「販売所」って何が違うんだ?…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

「取引所」と「販売所」って何が違うんだろう?と、初めて暗号資産を買う人ならきっとなるはず。

 

当然、わたしもなりました。。。

 

「なんで2つあるの…??」って。

 

タイトルにもありますが、これは知らないと買った時点で損をすることになるんです。

 

しかも結構な金額です。

 

つまり、マイナスから投資がスタートするってことです。そんなこと、避けられるのなら、避けたいですよね。

 

ってことで、今回はこれを読んでくれているあなたが損をしないために「取引所と販売所」の違いについて、丁寧に説明していきます。

 

まだ暗号資産を買ったことのない人、もしくはこれから買おうと考えていた人は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

この記事から分かること
  1. 「取引所」と「販売所」の違い
  2. メリット・デメリット
  3. 注意点
  4. 大手3社の比較

 

この記事を読めば、もう「取引所」と「販売所」の違いで迷うことはありません。

 

取引所の口座開設がまだの人は、下記の記事を参考にしてくださいね。

 

【2022年】暗号資産3年目の私がおすすめする取引所「3選」

 

「取引所」と「販売所」の違い

 

・シンプルに「手数料が高いか安いか」の違いです。

 

表にまとめました↓

 

 

理由はおまけ程度に覚えておいてください。

 

最も覚えておいてほしいのは、必ず「取引所で買う」ということ!

 

今日はこれだけ覚えておいてください。

 

これはめちゃくちゃ大事なので!

 

つまり「販売所では買わない」ということです。

 

表にも書いてますが、とにかく手数料が高いんです。それもハンパなく。

 

ですから、何度も言いますが、必ず「取引所で買う」ようにしてくださいね。

 

メリット・デメリット

 

じゃあ、なんで「販売所」があるの?

 

と疑問になってる人もいると思いますので、それぞれメリット・デメリットを書いていきますね。

 

こちらも表にまとめました↓

 

 

手数料は先ほど説明しましたので、省きますね。

 

ここで重要なポイントは「取引がすぐに成立するのか、しないのか」ということ。

 

表にも書いてます通り、手数料の安い「取引所」は、すぐに取引が成立しません。

 

これは「ユーザー同士で取引」をしているからなんです。

 

このように、買いたい人の金額と、売りたい人の金額がぴったりマッチしないと取引は成立しません。

 

ということで、すぐには取引が成立しないんです。

 

一方の「販売所」は、「ユーザーと取引所」が取引を行ってるんです。

 

もっと簡単に言うと「取引所が販売している通貨を買っている」というイメージです。

 

ですから、すぐに取引が成立するってわけですね。

 

注意点

 

で、初心者が特に注意してほしいのは、ここから!

 

この「すぐに取引が成立する」という文言。

 

これで、国内の大手取引所は、あなたの手数料を奪っていくんです。

 

だって、すぐに取引が成立してくれた方が、ラクでいいですもんね。

 

いちいち「取引所」で買って、取引が成立するのを待つなんて、時間がもったいないし、ソワソワしますからね。

 

ですが、このあと比べますが、「販売所」の手数料は、とにかくハンパないので

 

はじめにも言いましたが、必ず「取引所」で購入するようにしてくださいね。

 

ただし、時間がない人や、多少手数料を払ってもいい資金に余裕のある人は別ですよ。

 

それ以外の人は、なるべく…いや必ず「取引所」で買うように。

 

ちなみに、この販売所の手数料を「スプレッド」と呼びます。

 

頭の片隅にでも入れておいてくださいね。

 

大手3社の比較

 

では、実際に取引所と販売所で、どのくらい手数料に違いがあるのか見てみましょう。

 

今回は、以下の国内大手3社を比べてみました。

 

※気になる人は、実際に自分の目で見てみてくださいね。

 

コインチェック

 

では、まずコインチェック から。

 

 

なんと「14万2千円」も差が!

 

つまり、この時刻に「販売所」で購入してたら、実質14万円マイナスから投資をスタートする形になるってことです。

 

ハンパないですよね。。。

 

ですがこれが、取引所と販売所の手数料の実態となってます。

 

bitFlyer

 

次にbitFlyer を見ていきますね。

 

 

bitFlyerでは「13万7千円」ほどでした。

 

コインチェックより、若干低い感じですかね。

 

それでも、ハンパない数字。何度も言いますが「取引所」で買いましょうね。

 

GMOコイン

 

最後はGMOコインです。

 

 

なんとGMOコインでは、その差が「3万4千円」ほどでした。

 

先ほどの2社と比べると、「10万円」も差が縮まっていました。

 

これは驚きでしたね。ここまで違うのかって感じです。

 

こんな感じで、取引所によって手数料は大きく変わってきますので、取引する際は慎重に吟味してみてくださいね。

 

最後に

 

では、振り返っていきましょう。

 

【取引所と販売所の違い】

・取引所の方が手数料安い

【メリット・デメリット】

・販売所は、すぐに取引が成立するが手数料は高い

【注意点】

・初心者はすぐに取引が成立する」という甘い文言に注意!

 

とにかく今日特に覚えておいてほしいことは「必ず取引所で買う」ということ。ただそれだけ!

 

正直「販売所」は、ぼったくりかってくらい高いです。

 

手数料はできるだけ払いたくないですからね。 ほんと気をつけてください。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、Twitterでシェアしてくれると嬉しいです。

 

見つけ次第、ほぼ確実にリツイートさせていただきます。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

【無料】GMOコインで口座を作る

 

GMOコイン

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました