【画像つき】MetaMask(メタマスク)のインストール&設定方法【PC版】

【画像つき】MetaMask(メタマスク)のインストール&設定方法【PC版】暗号資産の基礎

 

・MetaMask(メタマスク)って何だろう…そんな方へ。

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

最近、日本でNFTが盛り上がってきて「MetaMask(メタマスク)」という言葉を耳にする機会が多くなってきたと思います。

 

MetaMask(メタマスク)とは、仮想通貨ウォレットのことです。

 

簡単に言うと、ネット上で仮想通貨を保管する「お財布」のことになります。

 

これからNFTやブロックチェーンを触ってく人は、必須のツールとなってきますので、ぜひとも勉強していってください。

 

この記事から分かること
  1. MetaMask(メタマスク)とは?
  2. インストール方法
  3. ウォレットの作成方法
  4. 秘密鍵の保存方法
  5. 日本語設定にする方法

 

この記事を読めば、もう「MetaMask(メタマスク)」で迷うことはありません。

 

スポンサーリンク

MetaMask(メタマスク)とは?

MetaMask(メタマスク)

 

・仮想通貨ウォレットのことです。

 

冒頭でもちらっと言いましたが、簡単に言うと、ネット上で仮想通貨を保管する「お財布」のことになります。

 

ここに仮想通貨を保管しておけば、自由に送受金することができるようになります。

 

それでも、やっぱり難しく聞こえますよね……ざっくり「仮想通貨のお財布」と思ってもらえればいいと思います。

 

インストール方法

 

では、次にインストール方法を見ていきましょう。手順は、以下の3つとなります。

 

  1. MetaMaskをインストール
  2. 「Chromeに追加」をクリック
  3. 「拡張機能を追加」をクリック

 

MetaMaskをインストール

 

・まずは、こちらからMetaMaskをインストールしていきます。

 

よっぽどの理由がない限り、パソコンで行うことをおすすめします。スマホでは、操作が難しい場面があるらしいので。。。

 

まずは、上から「クロム(Chrome)」を選択し、下記の「インストールする」をクリックしましょう。

 

MetaMaskをインストール
MetaMaskをインストール

 

「Chromeに追加」をクリック

 

・次に「Chromeに追加」をクリックします。

 

MetaMaskをChromeに追加
Chromeに追加

 

「拡張機能を追加」をクリック

 

・そして、最後に「拡張機能を追加」をクリックして完了です。

 

MetaMaskを拡張機能へ追加
拡張機能を追加

 

ウォレットの作成方法

 

無事にパソコンへMetaMaskのインストールが終わりましたら、続きまして「ウォレットの作成」をしましょう。

 

手順は以下のとおりです。

  1. 「ウォレットを作成する」をクリック
  2. パスワードの作成
  3. シークレットバックアップフレーズの保管

 

インストール完了後、そのままウォレットの作成へ移行しますので、そのまま作業を続けていれば大丈夫です。

 

「ウォレットを作成する」をクリック

 

・では、ウォレットを作成していきますので、下記の画像を読み進めてみてください。

 

ウォレットを作成する

まずは「Get Started」をクリックします。

 

MetaMaskのウォレット作成

次に「ウォレットを作成する」をクリックしましょう。

 

MetaMaskのウォレット作成

そして、「同意する」をクリックします。

 

MetaMaskのウォレット作成

 

パスワードの作成

 

・ここまできたら次に「パスワードの作成」をします。

 

最低8文字以上のパスワードを設定して、忘れず管理をしておきましょう。

 

MetaMaskのパスワード設定
パスワードの作成

 

シークレットバックアップフレーズの保管

 

・最後に「シークレットバックアップフレーズ」について紹介します。

 

シークレットバックアップフレーズとは?

・Chromeを削除した場合やPCが故障した際に、メタマスクを復元するのに必要となる12個の英単語です。

 

要するに、MetaMask(メタマスク)を復元するときに必要となるモノです。

 

MetaMaskのシークレットバックアップフレーズ確認
シークレットバックアップフレーズの表示画面

 

上の赤枠(鍵マーク)をクリックすると「シークレットバックアップフレーズ」が表示されますので、確実に保管しておきましょう。

 

シークレットバックアップフレーズの保管方法
  1. メモする(紙やスマホのメモアプリ)
  2. 印刷する
  3. スクショする

 

やり方はどれでもいいのですが、必ず忘れないよう保管しておいてください!

 

※バックアップフレーズは詐欺などによく使われており、教えると資産が簡単に抜きとられます。絶対に誰にも教えないように!

 

メモして「次に」をクリックすると、入力画面にうつります。

 

下記画像の赤枠へ12個の英単語が表示されていますので、順番にクリックしていきましょう。

 

MetaMaskのシークレットバックアップフレーズ入力
シークレットバックアップフレーズの入力

 

入力が終わりましたら、下の「確認」をクリックして完了となります。

 

MetaMaskのウォレット作成完了
ウォレット作成完了の画面

 

秘密鍵の保存方法

 

先ほどのMetaMask復元のために必要な「シークレットバックアップフレーズ」とは別で、もう一つ大切なモノがあります。

 

それが「秘密鍵」になります。

 

秘密鍵とは?

・仮想通貨ウォレットのキーです。例えるなら「銀行の暗証番号」の役割をしていると言えるでしょう。

 

※ですから、これも誰かに教えたり、知られてしまうと、あなたの資産は簡単に抜きとられてしまうことになります。

 

保管には十分に気をつけてください!

 

秘密鍵を確認する方法は、以下のようになります。

 

秘密鍵を確認する方法

1.トップ画面の「︙」から「アカウントの詳細」をクリック

 

MetaMaskの秘密鍵確認方法

2.「秘密鍵のエクスポート」をクリック

 

MetaMaskの秘密鍵確認方法

3.ウォレットを作成したときに設定した「パスワード」を入力し、「確認」をクリック

 

MetaMaskの秘密鍵確認方法

4.ここで「秘密鍵」が表示されるので、メモや印刷、スクショなどして保存しておきましょう。

 

MetaMaskの秘密鍵確認方法

 

これでMetaMask(メタマスク)のインストール&設定は終わりとなります。

 

最後に「日本語設定する方法」を紹介して終わりとしますね。

 

日本語設定する方法

 

日本語設定の方法は、下記の画像を参考にしてください。

 

日本語設定する方法

1.上の「○」をクリックし、「設定」を選択

 

MetaMaskの日本語設定方法

2.ここから「日本語」を選択することができます。

 

MetaMaskの日本語設定方法

 

最後に

 

今回は「MetaMask(メタマスク)のインストール&設定方法」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

【MetaMask(メタマスク)とは?】

仮想通貨ウォレットのことで、簡単に言うと、ネット上で仮想通貨を保管する「お財布」です。

【まとめ】

  • シークレットバックアップフレーズは、復元のときに必要
  • 秘密鍵は、銀行でいう暗証番号
  • どちらも忘れず保管すること
  • そして誰にも教えないこと
  • 知られると、簡単にあなたの資産が抜きとられます!

 

これからNFTやブロックチェーンゲームを触っていくなら「MetaMask」は必要なツールとなってきます。

 

ぜひ今回の記事を参考にして、あなたの資産を大切に保管してみてください。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、シェアしてくれると嬉しいです。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

↓よろしければ、ポチっと

にほんブログ村 投資ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

 

 

 

 

最後に、ここまで読んでくれた人にちょこっと宣伝。この度Kindleで本を出版しました。

子どもに伝えたい「18のこと」と題して、わたしがこれまでに学んできた知識や経験をもとに書きました。

 

興味がありましたら、下記の「Kindle Unlimited」からどうぞ。月額980円ですが、初回は「30日間無料です。

 

月に一冊読めば元がとれちゃいます。社会人の勉強時間は一日6分と言われていますから、これでさくっと投資をして差をつけちゃいましょう。

 

【無料体験】Kindle Unlimited(読み放題)の詳細はこちら

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暗号資産の基礎
\ よかったら、シェアしてください /
\フォロー待ってます/
質素な投資ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました