【悲報】バイナンスのローンチパッドに参加できなかった理由。

【悲報】バイナンスのローンチパッドに参加できなかった理由。稼ぎ方を知る

 

こんにちは。かめ(@shisso_toushi)です。

 

この度ですね、バイナンスで開催されていた「ローンチパッド」に参加しようとしたんですよ。

 

 

意気揚々と、このときは楽しみでいっぱいでした。

 

でも…タイトルにもあるように、参加できなかったんです。。。

 

悲しかったので、今回はその参加できなかった理由を共有しますね。

 

もう二度と、わたしみたいな人があらわれないためにも。

 

この記事から分かること
  • ローンチパッドとは?
  • なぜ参加できなかったの?

 

この記事を読めば「バイナンスのローンチパッド」へ確実に参加することができます。

 

\下記リンクからの登録で取引手数料が「10%オフ」に!/
※口座の維持に手数料は一切かかりません。

 

ローンチパッドとは?

 

では、そもそも「ローンチパッド」とは何?ってところから。

 

・今後上場するプロジェクトの発行するトークンを、上場前に(事前に)GETできるサービスです。

 

これを「IEO(Initial Exchange offering)」と言って、新規トークンセールと呼んでいますね。

 

株式投資で言うところの「IPO(新規上場銘柄)」と同じ意味合いです。

 

このローンチパッドは、多くの海外取引所で実施されていて、その中でもバイナンスの値上がり率が凄いんです。

 

参照:CRYPT RANK

 

  • 過去最高率:22880.67%=約230倍!
  • 今までの平均率:10609.02%=約110倍!

 

平均で「100倍以上」ですからね。ほかの取引所と比較しても、圧倒的なことが分かると思います。

 

これはバイナンスの銘柄に対する調査が、素晴らしいということが言えますね。

 

これは伸びる!っていうのが、分かってるってことですからね。

 

特徴

 

・そんなローンチパッドの特徴は「三方よし」というところですね。

 

三方とは……

 

  • 新規上場するプロジェクト
  • わたしたちユーザー
  • 取引所

 

この三者みんなにメリットがあるということです。

 

ローンチパッドは「三方よし」
  • プロジェクト:短期間で資金調達ができる
  • ユーザー:取引所が入念に調査した、比較的安心できるトークンを上場前に入手できる
  • 取引所:プロジェクト側、ユーザーの両方から手数料をもらえる

 

わたしたちユーザーは、もちろんのこと、プロジェクト側も取引所側もメリットがあるということで

 

ほんと「ローンチパッド」は、これ以上ない素敵なサービスであることが言えますね。

 

ちなみに新規プロジェクトトークンの詳細は、以下の「リサーチレポート」から確認することができます↓

 

ローンチパッド「リサーチレポート」

 

参加条件

 

参加条件は簡単で、以下の3つを満たしていればOKです。

 

参加条件
  1. バイナンスのアカウントを作成しておく
  2. 本人確認(KYC)を済ましておく
  3. 「0.1BNB以上」を保有しておく

 

アカウントは無料作成はできます。また、本人確認(KYC)もそれほど時間はかかりません。

 

【取引手数料が10%オフに!?】バイナンスの口座開設と3つの特徴。

 

また「0.1BNB」は、現在(2022年3月)1 BNB=約45,000円なので、「4,500円」ほどあれば、購入することができます。

 

ってことで、参加するのにそこまでハードルは高くないと見ています。

 

参加手順

 

参加手順は以下のとおりです。

 

参加手順
  1. BNB保有量集計(約7日間)
  2. 登録期間(約3~4時間)
  3. 計算期間(約1時間)
  4. トークンの配布

 

それぞれ一つずつ見ていきましょう。

 

BNB保有量集計(約7日間)

 

この期間では、はじめにバイナンスアカウントでの「BNB」保有量が集計されます。

 

【BNBの魅力3選!】バイナンスをお得に便利に利用する方法!

 

集計ルール
  • 保有量は小数点4ケタまで計算される
  • 参加できる最小BNBは「0.1 BNB」
  • 集計期間の平均値が保有量となる

 

そして、BNB保有量に応じて新規トークンの割り当て比率が決まります。

 

当然ですが、BNBを多く持っている方が、割り当てられるトークンも多くなるんですよね…これが資本主義。

 

ちなみに、計算の対象となるBNBとならないBNBがありますので、そこは注意が必要です。

 

 

対象となる「BNB」は、以下のとおりです。

 

〇:計算対象となる「BNB」
  • 現物ウォレット
  • マージントレード用ウォレット
  • 先物ウォレット
  • フィアット
  • セービング
  • バイナンスカード
  • サブアカウント
  • ローンチプール
  • BNBヴォールト

 

上記のアカウントでBNBを保有していれば、集計の対象となります。

 

逆に対象とならない「BNB」は、こちら↓

 

×:計算対象とならない「BNB」
  • DeFiステーキング
  • 定期ステーキング
  • 流動性スワップ(報酬も含む)

 

上記で保有しているBNBは対象となりませんので、そこはご注意。

 

登録期間(約3~4時間)

 

約7日間のBNB集計期間が終わると、いよいよ「登録期間」となります。

この登録期間中に、新規トークンを購入する「申し込み」を行います。

 

「申し込み」には注意点があります↓

 

申し込み期間は「約3~4時間」しかなく、これを逃すとトークンを手に入れることができませんのでご注意!

 

この期間に申し込んだ「BNB」はロックされ、キャンペーンが終わるまで引き出しや取引はできなくなります。

 

では「スマホ版」と「パソコン版」でそれぞれ登録手順を見ていきましょう。

 

スマホ版

 

では、まず「スマホ版」から。

 

1.「もっと見る」から「ローンチパッド」をクリックします。

 

 

 

2.次に画像をタップしていただき、「コミットBNB」で実際に登録するBNBを決めていきます。

 

※このときコミットできる対象のBNBは「現物ウォレット」内のBNBのみなので、そこはご注意。

 

 

 

3.最後に「金額」を入力し、OKなら同意書へチェックを入れ「今すぐコミット」で登録完了です。

 

 

これが「スマホ版」での一連の流れとなります。

 

パソコン版

 

では次に「パソコン版」での登録手順を見ていきましょう。

 

1.「収益」から「ローンチパッド」をクリックします。そして、画像をクリックしてください。

 

 

 

2.ここで「コミットBNB」から「金額」を入力し、同意書からの「今すぐコミット」で登録完了です。

 

※このときコミットできる対象のBNBは「現物ウォレット」内のBNBのみなので、そこはご注意。

 

 

これが「パソコン版」での一連の流れとなります。

 

これらが完了して、ようやく安心して「ローンチパッド」で、トークンを獲得する権利を得ることができるんです。

 

計算期間(約1時間)

 

次は「計算期間」ですね。

 

ここで最終的にわたしたちユーザーへ、割り当てられるトークン量が計算されます。

 

ちなみに計算式は以下のとおり

(あなた平均 BNB 保有量 / 全ての参加者による BNB 保有量の合計)× ローンチパッド で販売されるトークン数

 

興味があれば計算してみてくださいね。

 

トークンの配布

 

そして計算が終わると、いよいよトークンの配布

 

ここで、最終的にあなたが獲得できる「トークン」が分かります。

 

実際に配布されると、以下のように表示されます。

 

 

上が差し引かれる「BNB」で、下に配布される「トークン」が表示されます。

 

そして、トークン配布から「1時間以内」に現物ウォレットの方へ振替されるそう。

 

これらが「ローンチパッド」一連の流れとなります。

 

なぜ参加できなかった?

 

では、タイトルにもある通り「なぜわたしは参加できなかったのでしょう?」

 

ここまで引っ張ってしまって、すみませんね。

 

勘の鋭い方なら、お気づきかもしれませんが……

 

・登録期間中に「BNBの申し込み」をしなかったんです。。。

 

先ほども書きましたが登録期間って、たったの「3~4時間」しかないんです。

 

つまり、これを逃すとアウトなんです。やらかしました……

 

わたしはこのことを知らず、「BNB」を保有していれば、勝手にトークンが振り込まれてくるもんだと思っていました。

 

ほんと、今思えばそんなことないのに、当時はそんなこと考えもしなかったです。。。

 

ですから「ローンチパッド」へ参加する際は、しっかりと日程を確認し、登録期間がいつなのかを特に意識しておくように。

 

偉そげに書きましたが、もちろん自分に言い聞かせています<(_ _)>

 

もう私の二の舞になる人が現れないためにも。共有しておきますね。

 

最後に

 

今回は「バイナンスのローンチパッドに参加できなかった理由」を紹介しました。

 

一緒に振り返りましょう。

 

【ローンチパッドとは?】

今後上場するプロジェクトの発行するトークンを、上場前に(事前に)GETできるサービス

【特徴:三方よし】

  1. プロジェクト:短期間で資金調達ができる
  2. ユーザー:取引所が入念に調査した、比較的安心できるトークンを上場前に入手できる
  3. 取引所:プロジェクト側、ユーザーの両方から手数料をもらえる

【参加条件】

  1. バイナンスのアカウントを作成しておく
  2. 本人確認(KYC)を済ましておく
  3. 0.1BNB以上」を保有しておく

【参加手順】

  1. BNB保有量集計(約7日間)
  2. 登録期間(約3~4時間)
  3. 計算期間(約1時間)
  4. トークンの配布

【なぜ参加できなかった?】

登録期間中に「BNBの申し込み」をしなかった。。。

【注意点】

登録期間は、たったの「約3~4時間」しかありませんので、お忘れなく!

 

ローンチパッドは登録期間の短ささえなければ、とてもお得なサービスです。

 

ただBNBを保有していればいいだけですから。

 

ですから、みなさんもこの機会にぜひやってみてください。

 

上場前の銘柄が、お得にGETできるサービスですからね。

 

わたしは次回こそ必ず参加します。そして、登録期間の時間は、忘れずメモしておきます。。。

 

では今回も最後まで、ありがとうございました。

 

少しでも参考になっていたら、Twitterでシェアしてくれると嬉しいです。

 

見つけ次第、ほぼ確実にリツイートさせていただきます。

 

ブックマークやリンクも大歓迎です。

 

ではでは、ばいばい。

 

 

\下記リンクからの登録で取引手数料が「10%オフ」に!/
※口座の維持に手数料は一切かかりません。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました